ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼「日本人選手としてこの大会で優勝争いしたい!」

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」が開催される前日、石川遼はプロアマ戦に出場。この日はギャラリーが入場できるだけでなく、普段は規制されているカメラがOKという中でのラウンドで、石川の周りは携帯電話のカメラや、プロ顔負けの一眼レフカメラ、また、家庭用ムービーなどを構えたギャラリーが集結した。

「選手がスイングする間はカメラを下げてください」と、警備担当のスタッフが声をかけてもカメラのシャッター音は鳴り止まなかったが、石川は何も気にせずラウンドを続けた。

<< 下に続く >>

ラウンド後、記者会見に現れた石川は「体調は凄く良いです」と元気に語り始めた。連戦続きで、さらに前日はテレビマッチのために開催コースに隣接するトムワトソンコースでラウンドを行なった石川。疲れが溜まっていると思われるが「昨日はテレビマッチの後、練習しようか迷ったのですが、休んだほうが良いと思ったので、帰ってトレーニグをして1時間寝ました。その後は夕食を食べて、また寝ました。昨日で体調はリセットできました」と、周囲が心配するであろうことを自ら解説するように語った。

昨年は単独2位に終わった試合だが、石川自身は満足と課題が見つかった大会だった。世界の強豪が揃う大会で2位に入ったことでの納得と、今年掲げてきた「ミスを受け入れる」ことを考えさせられたのがこの大会だった。1打のミスを自分自身で受け入れられず、無理な攻めをして取り返そうとしたのが昨年の石川。しかし今年の石川は、ミスを受け入れる冷静なゴルフを覚え、今季これまでに4勝を果たしてきた。

今大会への意気込みは「優勝争いに加わりたいです。日本のツアーとして、日本人としてホームの試合だと思うし、これだけ歴史が長くて、日本人で4人しか優勝していないのはびっくりしました。優勝争いに日本人選手が入っていれば盛り上がるし、それが僕でありたいと思います」。予選ラウンドを招待選手のビジェイ・シン、大会連覇を狙いプラヤド・マークセンとラウンドする石川は、2人のゴルフを見すぎて変な影響を受けずに、自分のゴルフに徹することを誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!