ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ザ・プレジデンツカップ
期間:10/08〜10/11 場所:ハーディングパークGC(カリフォルニア州)

石川遼

遼が雄叫び!最強のタイガー組に最後まで食らい付く!

「ザ・プレジデンツカップ」3日目、石川遼は昨日に続いてY.E.ヤンとペアを組んで午前中は、ケニー・ペリーザック・ジョンソン組と一つの球を交互に打つフォアサムマッチを戦った。

必然的にどちらかが使っている球に合わせる必要が出てくるが、石川組はヤンが使うテーラーメイドのTP Redを使うことを選択した。「弾道が低くて、キャリーが出ない」と今大会で使っているスリクソン製の球との違いをキャディの加藤氏は感じていたが、その影響か、序盤は石川のショットが安定しない。

<< 下に続く >>

ヤンがティショットを打つ1番、3番、5番でバーディを奪ったが、石川がティショットを打つ2番、4番はボギー。それでも、9番を終えて2アップとリードして折り返した。後半は石川のショットも安定し始め、10番で6mのバーディパットを沈めてガッツポーズ。最後は16番で1.5mのバーディパットを石川が沈めて、3&2で昨日に続いて勝利を飾った。

「ほんとにリラックスして出来ました」とヤンと組んで2連勝を飾った石川は笑顔を見せる。午後は再びヤンと組むことが決まったが、相手は今大会ここまで3戦全勝のT.ウッズS.ストリッカー組。「一番強いチームだと思いますが、インターナショナルチームの勢いを見せつけたいと思います」と、リベンジのチャンスに燃えていた。

12時52分にティオフした午後のフォアボールマッチ。この試合では世界ランク3位のストリッカーのパットが冴え渡る。石川も4番でバーディを決めてアップを奪ったが、ストリッカーは12番までになんと7バーディを奪う大活躍。12番を終えて6アップとし、早くも13番でドーミーホールを迎えてしまった。

しかし、途中で駆けつけた国際選抜のキャプテン、グレッグ・ノーマンが二人に力を与える。「10番でノーマンさんにお会いして、まだか勝つ気でいるのか?と聞かれたので、二人で『もちろん』と答えて、それからより一層気合が入りました」という石川。13番でヤンがバーディを奪って勝負を次のホールへと持ち越すと、14番パー3では石川が7Iでピン上1mにつけてバーディ。さらに、15番では段の上から8mのバーディパットを沈めて3連続でホールを奪い、ウッズの目の前で激しいガッツポーズと共に雄叫びを上げた。

最後は16番で2打目をピン上1.5mにつけたタイガーに対し、石川、ヤンがバーディを奪えずにこのパットをコンシード。4&2でウッズ&ストリッカー組が勝利したが、16番のグリーン上では、ウッズ、ストリッカーらと「グッドマッチ!」と言ってお互いを称えあった。

「組み合わせを知ったときは、僕たちが良いプレーをしたら勝てないことはないんじゃないかという気持ちでいましたが、全力でプレーしてあれだけ差をつけられたのは大きな刺激を受けました」と振り返る石川。「まだまだ『タイガーと戦う』という言葉は使えないなと。一緒にプレーして魅了された感じでした」と、世界ナンバー1の実力を改めて全身で感じていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!