ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼「最終日が楽しみ!」ホスト大会初優勝なるか!?

2009/10/03 19:00


国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の3日目。前日がサスペンデッドになったため、石川遼は16番パー3からプレーを再開。その最初のホールでボギーを叩いたが、17番、18番はパーで通過し、第3ラウンドを通算5アンダーの7位タイからスタートした。

2番、3番と連続バーディを奪った石川は、6番でアプローチのミスからボギーを叩いたが、その後もスコアを伸ばした。この日の石川は4つあるパー5で着実にバーディを奪うと、8番パー3ではチップインバーディを奪い、石川組を追う大ギャラリーを沸かせた。

<< 下に続く >>

朝のラウンドでボギーを叩いた16番パー3でもバーディを奪い、7バーディ、1ボギーと6ストローク伸ばし、通算11アンダーで単独首位に浮上。今季4勝目、そしてホストプロとしての初優勝に王手をかけた。

朝のラウンドではピンク色のシャツでプレーした石川は、11時50分からの第3ラウンドでは赤いシャツで登場。「汗をかいていなかったので着替える必要はなかったのですが、着替え用に赤いシャツがあると聞いて、何気なく着替えていました。でも着替えのシャツが白だったら着ていなかったと思います」。石川は最終日に赤いパンツを好むが、やはり赤は気合が入ると言う。その甲斐あってか7バーディの猛チャージを披露した。

石川を1打差で追うのは、予選2日間を同じ組でラウンドした池田勇太と、この日7ストローク伸ばした梶川剛奨の2人。さらに1打差の9アンダーに片山晋呉、8アンダーに宮里優作など強豪選手が続いている。「すごい顔ぶれですよね。僕が石川じゃなかったらコースに見に行きたいくらいです」と言い記者の笑いとりながらも「でも石川で良かったです。やっぱり自分でプレーするのが一番楽しいですから」と、最終日のラウンドを今から楽しみにしていると話す。

石川の今季3勝は「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」と「サン・クロレラ クラシック」、そして「フジサンケイクラシック」。いずれもクラシックという大会名だ。年間4試合ある“クラシック”を全てを制することが出来るだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!