ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

石川遼、自分に勝った!ホスト大会で初の予選突破!

2009/09/18 19:28


国内男子ツアー「ANAオープンゴルフトーナメント」に出場している石川遼は、18歳の誕生日となる初日を4アンダーの7位タイで終え、2日目を迎えた。石川の脳裏によぎるもの、それは昨年自身がホストを務める4試合全てで予選落ちを喫したこと。その悪夢が繰り返されるのではないかと、不安な状態は2日目のホールアウトまで引きずっていた。

「スポンサーの方々には本当にお世話になってばかりで、昨年は予選落ちしても気にしなくて良いとか、いつもどおりの気持ちで試合に挑むよう話していただいたり・・・」昨年のこの大会から3試合連続で予選落ちした時には、単に自分の実力不足と感じていた石川だが、「マイナビABCチャンピオンシップ」で優勝した直後に出場した「The Championship by Lexus」でも予選落ちした時には、「目には見えない何かがある!」と思ってしまった。

そして今年もホスト大会が始まったが、初戦で予選落ちする訳にはいかないと石川は自分自身にプレッシャーをかけていた。「初日はイーグルが取れたので良かったですが、あれがなかったら予選カットラインが気になっていたかもしれません」。石川が心の中で安心したのは、2日目の最終18番でパーパットを決めた瞬間だった。「バーディパットは外しましたが、パーで終われたとき心の中で大きなガッツポーズをしました」と、ラウンド後に笑顔で本音を漏らす。

「このコースで6アンダーは十分すぎる出来です。明日からは、さらに風が強くなるかも知れませんが、それでも耐えるゴルフで優勝争いに加わりたいです」。昨年予選落ちに終わったときにテレビのインタビューに「来年は優勝争いが出来るように、ここに戻ってきます」と宣言したとおり、2日目を終えて首位とは4打差の6位タイ。予選落ちの呪縛から逃れられた今、石川の頭にはさらなる上位進出しかない。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!