ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

首位奪取の有村、ドローボールへの転換が奏功

2012/09/07 16:54


滋賀県のタラオCC西コースで開催されている、国内女子メジャー今季第2戦「日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯」の2日目。首位とは5打差、3アンダーの6位タイからスタートした有村智恵は、8バーディ、1ボギーの「65」をマーク。暫定ながら通算10アンダーの単独首位に浮上し、自身初のメジャータイトルに大きく前進して決勝ラウンドを迎える。

最大の武器であるアイアンショットに加え、昨日は不調を訴えていたドライバーが復調。ショットメーカーの強みを存分に活かし、メジャーセッティングを軽やかに攻略した。スタートホール1番からの4連続バーディで、早々に首位に肉薄。「出だしで良い流れが作れた」と、その後も折り返しを挟んだ9番、10番で再び連続奪取。最終18番で5mのバーディパットをねじ込み、ついに単独首位に躍り出た。

ビッグスコアを築く一因となったドライバーの復調。それは、持ち球であるフェードへの固執を捨てたことにあった。「フェードで調子を上げたい気持ちはあったけど、なかなか(球が)捕まらず安定しなかった。昨日の練習で、気持ち良く振って出たのがストレート系のドローボール。今の自分には合っていると感じた」。その試みは実戦でも効果覿面(てきめん)、「ほとんど曲がることが無かった」と会心のラウンドの支えとなった。

今年8月の「meijiカップ」開幕前に韓国に飛び、有村が指導を受けるレッドベター・ゴルフアカデミーのコーチにスイングの悩みを相談。これまで左手のリードだけでコントロールしていた打ち方を、手と体を連動させるボディターン主導のスイングに変える方針を固めた。スイングと弾道の安定感が増すと同時に、痛めている左手首への負担を減らす狙いもある。この1ヶ月でスイングは徐々に固まりつつあり、「ショットは本当に良いし、良い方向にいっている」。スイング改造と並行して持ち球が変化しつつあることも、自然な流れと言えるだろう。

この日のラウンドについて、予想外にも「60から70点」と厳しい自己採点を下した有村。「今日が最終日なら100点に近いけど、まだ2日目なので・・・。ここで満点を出してしまうと、あと2日間がダメになってしまう」。メジャータイトルへの渇望を口にし続ける有村の心に、満足感に浸っている余地はない。(滋賀県甲賀市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。