ニュース

国内女子西陣レディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

地元復活Vなるか!? 有村、首位に2打差で最終日へ

2012/04/14 18:36


首位に3打差の7位タイから「西陣レディスクラシック」2日目をスタートした有村智恵は、4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「71」で回り、首位に2打差の通算2アンダー4位タイに浮上。地元Vを逆転圏内に捕らえ、明日の最終日を迎える。

前半6番の3パットでボギーを先行させるが、直後の7番で6mのバーディパットを沈めて気迫のガッツポーズ。さらに9番(パー5)でもバーディを奪って後半に折り返すと、15番、17番といずれも8m近いバーディパットを沈め、この時点で首位に1打差まで詰め寄った。

着々とスコアを伸ばしてゆく有村を包む、地元ギャラリーの大歓声。その一方で、有村の心中は複雑な思いで渦巻いていた。「正直、自分の調子以上のスコアが出ている感覚だった。長い(パットの)距離がことごとく決まって、今までの私のゴルフでとは違っていた」。

迎えた最終18番(パー5)。2打目をピンまで残り70ヤードのフェアウェイに運び、バーディフィニッシュへの舞台は整った・・・かに思えた。しかし、サンドウエッジで放った3打目は「(ヘッドが)少し薄く入った」とグリーン手前で失速し、まさかの池ポチャ。首位浮上のチャンスから一転、5オン2パットと痛恨のダブルボギーに終わった。

「今日はショット、パットともあまり良くなかったし、今年に入ってからウエッジの距離感に自信を持って打てているわけじゃない。それが、最後に自分の調子として出る形になってしまった」と有村。首位に2打差に詰め寄りはしたが、「今の自分の感触では、明日優勝争いをした時に良いゴルフができるとは思えない」と、プレー内容には厳しい評価。「明日、自信を持ってティグラウンドに立てるようにこのあと修正をしたいです」。そう話す有村は、優勝争いを何度も演じていた当時の“勝負師”の顔に戻っていた。(熊本県菊池郡/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 西陣レディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。