ニュース

米国女子ウェンディーズ選手権 for チルドレンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

「米国ツアー参戦については全体的には85点です」と1年間の戦いを振り返る!

2006/08/28 09:00


オハイオ州にあるタータンフィールズGCで開催されている、米国女子ツアー第20戦「ウェンディーズ選手権 for チルドレン」の最終日。13アンダー3位タイからスタートした宮里藍は、スコアを4つ伸ばし、通算17アンダーで単独4位に入った。

アウトスタートの宮里は4番、9番でバーディを奪い前半を2バーディ、ノーボギーで折り返す。後半に入ってからも好調なプレーを続け10番、12番、13番でバーディ。この日、唯一のボギーを16番で叩いたものの5バーディ、1ボギーでホールアウトし、米国ツアー参戦1年目を終えた。

今日もショットは昨日と変わらず良かった宮里。ただし、前半多くあったチャンスでバーディパットが決まらない。優勝争いをするロレーナ・オチョア(メキシコ)やジ・ヨン・リー(韓国)らには取り残された格好となった。特に16番ではセカンドショットをグリーンオーバーし、返しも寄せきれずに悔しいボギーを喫している。

「オチョアとの差はやっぱりパッティングだと思います。彼女は決めるべきところで確実に決めていますから。米国ツアー参戦については全体的には85点です。初めはどうなるか不安もありましたが、最終日に最終組というのを4回も経験できましたし、正直ここまで出来るとは思っていませんでした。優勝には技術はもちろんですが、精神面、そして、運を呼び込まなければならないですし、米国ツアーで勝つのは本当に大変なことだと思いました。日本のツアーでは、どれだけ自分が成長できたか試したいですね」

9月からは国内ツアーに参戦する宮里。米国ツアーでの経験を生かし、一体どんなプレーを見せてくれるのか、まずは9月7日からの「日本女子プロ選手権」で、その姿が明らかになる。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ウェンディーズ選手権 for チルドレン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。