ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/30〜04/02 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

「いい緊張感でラウンドできたので明日につなげたい」と内なる闘志を燃やす!

2006/03/31 09:00


米国女子ツアー第5戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」が、カリフォルニア州、ミッションヒルズCCで開幕。この日、宮里藍は10位タイと、まずまずのポジションにつけた。

アウトスタートの宮里は、出だしの1番、2番をパーでまとめたものの、3番で3メートル程のバーディパットを外し、さらに約1メートルの返しも入らずボギー。米国での課題になっているパッティングへの不安を覗かせてしまう。ところが、6番ではセカンドショットをピン側につけてバーディ。その後、再び8番でボギーを叩くも、9番ですぐに取り返して、前半をイーブンで折り返す。後半に入ってからは、パーを我慢強くセーブし続け、14番、18番でバーディを奪取。最終的には、2アンダーで初日のプレーを終えた。

<< 下に続く >>

なかでも、良かったのがショットだ。後半に入ってからは、セカンドショットの正確性が増して流れを掴んだ。「今日は3パットも2回あったんですが、それに増してショットの調子が良かったので満足しています。ティショットで何回かミスしたんですが、リカバリーもできましたしね」

明日からもタフなコースとの戦いは続くが、ショットの調子を持続できれば、十分上位に食い込んでいける。「ここは飛距離が出ないと苦しいコースですが、気負わずに明日も良いプレーを続けたいですね」と、内なる闘志を燃やして2日目へ挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!