ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英リコー女子オープン
期間:08/02〜08/05 場所:セントアンドリュース オールドコース(イングランド)

宮里藍が描く挑戦の足跡

優勝争いから一転、予選突破を気に懸けながらのラウンドに

2007/08/03 23:29


首位と3打差の3アンダーと、絶好のポジションで2日目を迎えた宮里藍。鬼門である初日を上々の滑り出しで終えただけに注目を浴びる中でのスタートだったが、この日はロングパットの距離感に苦しむ1日となった。

スタート前の練習グリーンでは、パターのグリップを通常の順手とクロスハンドの両方で、約15メートルのロングパットを打ちながらフィーリングを確かめていた宮里。しかし、1番パー4では13メートル、4番パー4ではピン奥20メートルからのバーディパットは距離感が合わず、共に3パットのボギーとしてしまう。

<< 下に続く >>

5番パー5では2オン2パットのバーディを奪ったが、8番パー3では20メートルほどのバーディチャンスから再び3パットとしてボギー。11番パー3でも、カラーから約20メートルの距離をパターで打つも、やはり距離感が合わずに3パットのボギーとする。時には順手、時にはクロスハンドに変えていることでも宮里の迷いは明らかで、結局この日は3パットによるボギーは4回。その影響はプレー全体にも及んでしまったのか、最終的には1バーディ、8ボギーの大乱調。この日「80」でホールアウトし、優勝争いから一転、通算4オーバーの暫定52位タイでホールアウト。予選通過はほぼ確実としたが、決勝ラウンドへ向け不安の残る結果となった。

ホールアウト後、「残念。とにかく悔しい」と不満を露わに。「ロングパットの距離感が合っていない。届かなかったり、打ちすぎてしまったり。5メートル以内のパットも決め切れませんでした」と振り返った。会見後は「ロングパットは順手の方がフィーリングは良かった。これから調整します」と練習グリーンへと向かった宮里。転がりが速い上に面積が広いセントアンドリュースのグリーンは、必然的にロングパットの機会が増える。宮里が決勝ラウンドで巻き返すには、やはりロングパットの距離感がカギとなることだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!