ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、「自分のスタイルじゃないゴルフ」で後退

2008/11/08 19:59


「ミズノクラシック」2日目の宮里藍は、約1年半ぶりに横峯さくらと同組となり、20位タイから米ツアー最終戦の出場権獲得も睨んでのスタートとなった。

1番パー5は3打目をグリーン手前に大きくショート。このホールはパーとしたが、続く2番は第2打をグリーン右のラフに外すと、アプローチを3mオーバーしてボギーとする。続く3番は下10mから3パット。冷たい風と雨の中、序盤は重苦しい立ち上がりとなった。

「前半で悪い流れを作ってしまい、残念でした」という宮里。7番パー5でピン上1mにつけてバーディを奪ったが、前半は1つスコアを落として折り返した。

後半に入ってもボギーの後にバーディを取り返す苦しい展開。2バーディ2ボギーとスコアを伸ばせず、結局この日は1つスコアを落して、通算イーブンパーの38位タイでホールアウトした。

アイアン、ドライバーで右に出るショットが多かった宮里は、「ライン出しを考えすぎて、縦の距離感も合わなくなってしまった」と、落胆の表情を見せる。「重心が右に移動し過ぎて、それに気をつけてやっていたけど、逆に気にし過ぎてしっかりイメージを出せなかった」と、メカニカルに心を奪われ、目の前のショットに集中することが出来なかった。

「頭でプレーしすぎて、体で感じられず、自分のスタイルじゃないゴルフをしてしまった」と反省しきりの宮里。「パットは唯一の救いでした」と、苦しい中にもきらりと光るものを見せたが、トップとの差は大きく開く結果となった。

「まだあと1日あるので、何とか頑張りたいです。スコアにも囚われず、1打1打フィーリングを大事にしていきたい」という宮里。本来のプレースタイルを取り戻し、気持ちよく最終日を締めくくって貰いたいものだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。