ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、最終戦出場へ「厳しいけど、チャンスはある」

2008/11/20 15:56


国内女子ツアーに3試合連続で出場する宮里藍。今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」は、プロデビューした03年にプロとして初めて予選通過を果たして初賞金を貰い、さらに翌年の04年、続く05年と大会2連覇を飾った相性の良い大会だ。

3年ぶりに同大会に戻ってきた宮里だが、今週は寒波の影響で水曜日は雪が降るまで気温が下がった。プロアマ戦が行われたこの日は、前日より風が弱まり寒さは和らいだが、それでも各選手は真冬並みの防寒対策でコースに出た。

「寒くて、全然アイアンの距離感が合わなかったです」という宮里。「沖縄生まれですからね(苦笑)」と、寒さは人一倍苦手というが、「背中にカイロを張ったり、ジャケットをこまめに着たり、動きを多めに入れて体を暖めたり」と、必死で寒さと戦っていた。

それでも、「ドライバーの調子はいいし、集中力が上がれば大丈夫だと思います」と試合に向けては前向きだ。この試合に勝てば、次週の国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場権を得ることが出来る。「厳しいけどチャンスはあるし、スタートダッシュが肝心です。初日のペアリングにも恵まれているし、良いラウンドが出来ると思う」という宮里は、上田桃子大山志保という賞金女王コンビと同組で、初日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。