ニュース

米国女子ギンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギンオープン
期間:04/17〜04/20 ギンReunionリゾート&クラブ(フロリダ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

改めて米ツアーの厳しさを実感。悔しさをバネに大会に挑む

2008/04/17 13:56


先週はメキシコでの「コロナ選手権」に参加せず休養、マスターズを観戦した宮里藍。今週はフロリダで行われる「ギンオープン」に出場する。水曜日はプロアマ戦が開かれたが、宮里は出場できず、ウェイティング(欠場選手が出た場合に出場。練習はできる)となった。常にプロアマ戦に出場してきた宮里としては、悔しい気分を味わうこととなった。しかし、「がんばれないと下に落ちてしまうのは分かっていたこと。ポーラ(クリーマー)やアンジェラ(朴)も出られなかったのには驚いた」と語り、「でも、練習が出来てよかった」と、調子が上向きなだけにポジティブに考えているようだ。

パッティングでは、先々週に行われた「クラフトナビスコチャンピオンシップ」で問題があった、「ハンドアップしてヒールが浮くという問題が修正でき、良くなっている」と宮里。今週のコースは「グリーンの芝が揃っていないので切れたり、切れなかったりして難しい」ということだが、パッティングの状態が良くなっていることで、活躍が期待できそうだ。また、ショットは好調とのことだが、風が強くなると、「グリップに力が入ってしまうので、注意しないといけない」と警戒した。

コースの風は相当強いようで、クラブセッティングに関しては、「180Yのパー3で、5番ウッドでも届かなかった。5番アイアンを抜いて、ウッド系を増やすかも」と話している。今週の「ギンオープン」は2006年大会で、最終日、最終組で回り優勝争いをして5位に入った思い出深い大会。プロアマ戦に出られなかった悔しさをバネに、良いイメージのある大会で好成績を期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ギンオープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。