ニュース

米国女子セムグループ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 セムグループ選手権
期間:05/01〜05/04 セダーリッジCC(オクラホマ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

トップ10入りは逃すも、確かな手応えと自信を掴む!

2008/05/05 10:59


「セムグループ選手権」もいよいよ最終日。3日間連続で吹いていた強い風はこの日はなりを潜め、ガマン比べを望んでいた宮里藍にとっては「風が無くて残念に思った」と、やや不運な状況でのスタートとなった。

しかし、「4日間を通じて、今日が一番ショットのフィーリングが良かった」という宮里は、1番パー5の3打目をピン右80センチにつけ、幸先よくバーディ発進とする。直後の3番パー3、6番パー3ではグリーンを外しボギーとするが、6番パー4でもピン上6メートルのバーディパットをねじ込み、前半をイーブンパー。前日に掲げた「トップ10」という目標に向け、まずまずの流れで後半に臨んだ。

11番パー4、今度はピン上2.5メートルのバーディチャンスにつけると、これを沈めて通算5オーバー。トップ10圏内に入り込む。しかし、この日の鬼門はパー3だった。「欲は抑えていたつもりだったのに、出ちゃったのかな」という15番パー3。グリーン左のピンを果敢に攻めたボールは、無情にもグリーン左側に広がる池へ。痛恨のダブルボギーとし、通算7オーバー。そのまま14位タイでホールアウトした。

今季初のトップ10入りは逃したものの、「ショットの方向性も出ていたし、パットのフィーリングも良かった。自信を持ってプレーできています」と宮里。「惜しいところもイッパイあったけど、気持ちを切り替えて自分を抑え込むことができました。少しずつ状態は良くなっていますし、あと何試合かこなせば絶対に上位に行けると思います」と、力強いコメントが目立った。宮里の表情と言葉に、頼もしさが戻ってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 セムグループ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。