ニュース

米国女子ギントリビュートの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギントリビュート
期間:05/29〜06/01 リバータウンCC(サウスカロライナ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

「あと3つくらい伸ばせた」安定感のあるゴルフで17位タイスタート

2008/05/30 12:27


サウスカロライナ州にあるリバータウンCCで行われている米国女子ツアー第14戦「ギントリビュート」初日、霧雨の舞う重苦しい空気を感じさせない好プレーを宮里が見せてくれた。

インスタートのこの日、まずは13番でピン右2mにつけてバーディを奪う。15番でも2mのチャンスにつけるが、これは決められない。すると、17番パー3ではグリーン手前のハザードに捕まってしまい、ティから15~20ヤード手前のドロップゾーンから打ち直しとなったが、これをピン下2.5mにつけて1パット。ナイスボギーで切り抜けた。

この日はパットの冴えが見られた宮里は、ロングパットもきっちりとカップに寄せ、危なげなくパーを拾っていく。折り返した後半は、5番で12mのスネークラインとなるロングパットを沈めてバーディを奪うと、最終9番パー3でも右上10mを沈めてバーディフィニッシュ。ガッツポーズが飛び出した。

結局この日は3バーディ1ボギーの「70」。首位と5打差の通算2アンダー、17位タイとまずまずのスタートを切った。

「凄くいいプレーだった」と宮里も自画自賛。「良いイメージ、良いフィーリング、良い集中力で最後までプレーできた。欲を言えばあと3つくらい伸ばせたと思う」と、スコア以上の手ごたえを感じていた宮里。チャンスパットが入らなくても、「ショットがいいから、まあいいや」と、いつもならイライラしてしまうところを、冷静に保てた事も良い内容を維持できた要因だという。

「明日も気持ちの波を作らないように、気を引き締めて頑張ります」という宮里。「いかに自信を持ってプレー出来るかですね」と、笑顔で締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ギントリビュート




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。