ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ステートファームクラシック
期間:07/17〜07/20 パンサークリークCC(イリノイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

納得の19位タイフィニッシュ、欧州2連戦へと乗り込む!

2008/07/21 10:08


「ステートファームクラシック」も最終日を迎えた。宮里藍は、前日の再浮上により通算9アンダーの25位タイ。朝から強い風が吹く中、1番ティからスタートを切った。「風が強かったので、我慢をしながらプレーしようと思った」との戦略プランを立てた宮里だったが、3日連続でボギーとしている苦手な3番パー4。2打目を左に引っ掛けてラフに打ち込み、1メートルのパーパットも外してボギーとしてしまう。しかし、直後の4番パー4では2打目をピンに絡め、バーディを奪取。7番パー4でもピン下3メートルをねじ込み、バーディを先行させて前半を終える。

「ショット、パットとも良い感じでしたが、風を計算できていないホールもあった」という宮里。その不安がショットに影響したのか、10番パー4ではラフからの2打目がダフり、3オン2パットのボギー。それでも、そのままズルズルと崩れないのが今の宮里だ。12番パー4ではピン上2メートル、15番パー4ではピン上1.5メートルとバーディを重ね、最終的にはこの日4バーディ、2ボギーの「70」。通算11アンダーの19位タイと、さらに順位を上げて大会を終えた。

昨年は最終日に途中棄権と、無念を募らせ会場を後にした今大会。「今週は始まる前から去年の思いとかがありましたが、悪いイメージに惑わされずにプレーできました」と納得の表情を見せた。次週はフランス開催の「エビアンマスターズ」、そしてメジャー最終戦「全英リコー女子オープン」へと続く。「時差の調整は得意な方なので大丈夫ですが、気温の変化が激しくなるので体のケアをしっかりしないと。あまり無理はしないようにしたいですね」と宮里。「80パーセントの状態には持って来られています。あとは勝利への強い気持ちを持つことと、運も実力の内というから1%の運も必要かな」と、メジャーに向けての調整も順調に進んでいるようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。