ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ステートファームクラシック
期間:07/17〜07/20 パンサークリークCC(イリノイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、「スコアを伸ばしたい気持ちが強すぎた」

2008/07/19 10:20


イリノイ州にあるパンサークリークCCで行われている「ステートファームクラシック」2日目。天候に恵まれ、風もほとんどない絶好のコンディションとなり、各選手スコアの伸ばしあいとなった。

この日はインスタートの宮里。出だしの10番、11番と3mほどのバーディチャンスをものに出来ず、前半はスコアカード通りのプレーを続ける。最初にスコアが動いたのは16番パー5。花道左のラフから目の前のバンカー越えを狙ったロブショットをショートしてバンカーに入れ、ボギーとしてしまう。

一つスコアを落として折り返した後半は、1番パー5でピン奥から13mの下りのフックラインを沈めてバーディ奪取。3番で右下カラーから、パターで1mに寄せるも、パーパットがカップに蹴られてボギーとしたが、続く4番で1.5mを沈めてバーディを取り返した。

結局この日は2バーディ2ボギーの「72」とスコアを伸ばせず通算5アンダーのまま。順位は前日の10位タイから、38位タイへと大きく下げてしまった。

「今日は我慢のゴルフで、パッティングが今一つ決まってくれなかった。それで流れを作れなかった。長いバーディパットも決まってくれたけど、流れを掴んでいるようで掴んでいなかった。もうひとつだった」と、悔しそうな宮里。

今大会のカットラインは、パー72の大会ではLPGAツアー記録に並ぶ3アンダーというハイスコア。「スコアを伸ばしたい気持ちが強すぎたのかもしれない」と、パットの不調を自身の欲の強さと関連付けた。

それでも、予選を通過して決勝ラウンドへと戦いは続く。「まだバーディを沢山取るチャンスは残っている。1打1打に集中していきたい。良い終わり方ができるようにしたい」と、明日以降の巻き返しを誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。