ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英リコー女子オープン
期間:07/31〜08/03 サニングデールGC(イングランド)

宮里藍が描く挑戦の足跡

首位の不動に2打差! 逆転勝利への舞台は整った!

2008/08/03 06:05


首位と3打差で「全英リコー女子オープン」3日目を迎えた宮里藍。この日はロレーナ・オチョアと2サムでのラウンドとなり、序盤からスコアを伸ばしていったオチョアの影響か、宮里も後を追うようにバーディを量産する。2番パー5では2オンに成功して余裕のバーディ。4番パー3では、ピン上4メートルからの難しいスライスラインを読み切り、バーディを重ねる。昨日ダボを叩いた6番パー4では、2打目をバンカーに入れるピンチ。しかし、ここから2メートルに寄せてパーをセーブする。

「流れを途切れさせない良いパーだった」と振り帰る宮里は、その後はさらに勢いを加速。「今日はパットがすごく良くて、チャンスにつけば入れられる自信はありました。グリーン上での勝負は集中して出来ていました」と、9番パー4で5メートルを沈めてバーディ。10番、14番のパー5ではともに2オンに成功し、バーディを奪取。正確なショットとアグレッシブな攻めが絶妙に噛み合い、通算11アンダーの単独3位でホールアウトした。

「一番良かったのは気持ちですね」と振り返る宮里。「正直、ロレーナにつられた部分はありましたけど、メジャーは自分の中の強いものを出していかないと、簡単には獲れないと思いました。まだ自分の内側を出す段階ではないかなと思っていたけど、今週はいいきっかけになります」という。終盤に失速したオチョアに対し、最後まで集中力を切らさずに終えられたことも、気持ちの強さに自信を持てた一因だろう。

首位を走る不動裕理とは、僅かに2打差。久々に不動との優勝争いに挑むことになるが、「裕理さんは調子が良い時は本当にミスをしない選手。自分が伸ばさないといけませんが、チャンスはあると思います」と、宮里の中ではすでに逆転勝利へのシナリオが描けているようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。