ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 フィールズ・オープンin Hawaii
期間:02/22〜02/24 場所:コオリナGC(ハワイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

日本人トップの1アンダー22位タイにも笑顔なし

2007/02/23 00:00


連日、強い風が吹き付けるハワイ・コオリナゴルフクラブ。初日の今日もコース全体をハワイ特有の強風が包んだ。そんな中「風は強く吹いたほうがいい」と言い切る宮里に、先週から続くショットの好調さを感じずにはいられない。ただ、問題はパッティング・・・。特に1、2メートルのショートパットが入らず、先週はまさかの予選落ち。今週は何よりパッティングの調整に時間を割くほどだった。

迎えた初日。宮里自身、「先週(のパッティング)とは全く違う。」と言い切るほど、先週とは別人のプレーを見せた。インスタートの12番で3メートルのパットを沈めてパーセーブすると、今度は14番でも3メートルのバーディを決めて力強くガッツポーズ。その後も、好調なショットで作ったチャンスを危なげなくしっかりと沈め、また厳しいパーパットもしっかりとセーブするなど、スコアも一時は目標の2アンダーをクリアしていた。

<< 下に続く >>

しかし終わってみれば1アンダー。ホールアウト後、「2アンダーのままで終わりたかった」と言うように、今シーズン初のアンダーパーのプレーに笑顔は全くない。パッティングの調子を取り戻しはしたが、今日はそれを後押しする“アプローチ”がなかなか噛み合わなかった。

ラウンド後は、すぐにアプローチ練習場に直行。悔しい思いは練習に・・・。そして、その思いをすぐに晴らすのが宮里の強さ。「スコアを伸ばしていかなきゃいけないこのコースで、明日は苦しいかもしれない。でもまだチャンスはある」。いつもの勝ちにこだわるコメントとともに、黙々と練習する宮里の目に、あの「目力」が戻ってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 フィールズ・オープンin Hawaii

  • 2007/02/22~2007/02/24
  • 賞金総額:1,200,000US$
  • コオリナGC(ハワイ州)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!