ニュース

米国女子コロナモレリアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 コロナモレリアチャンピオンシップ
期間:04/26〜04/29 場所:トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

パットが復調し、久々の60台!33位タイからさらなる上位進出を目指す!

2007/04/29 00:00


メキシコのトレス・マリアス・レジデンシャルGC(6600ヤード/パー73)で行われている米国女子ツアー第6戦「コロナモレリアチャンピオンシップ」3日目。前日ノーボギーのラウンドだった宮里藍は、この日は1番でいきなり30cmにつけてバーディを奪う好調な立ち上がりを見せた。

「あれが大きかった。いい流れを掴めました」という宮里は、5番パー5でも3打目をピン側50cmにぴたりとつけてバーディ奪取。アイアンの精度が高まり、さらにいくつかのバーディチャンスはあったものの、前半は2つスコアを伸ばして折り返した。

<< 下に続く >>

後半に入ると、10番でバーディを奪ったものの、11番でアプローチを1.5mに寄せるが決めきれずにこの日初のボギーを叩く。だが、12番で 3m、14番では右のカラーから7mを沈めてバーディとする。「やっと自分の読みとタッチがあってきた」と、懸案だったパターの調子も上がってきた。

その後、15番でボギー、18番でバーディと出入りの激しいゴルフとなったが、本人は「このコースはボギーが出てしまうコースなので、その分バーディを取っていかなくてはいけない。自分では出入りは激しいと思っていません」と、振り返った。

クラフトナビスコの3R以来となる60台、「69」を出して通算2アンダー、33位タイまで順位を上げた宮里。「明日は行ける所まで行きたいです。今日のようないいリズムと集中力で行ければ」と、最終日に向けて手応えは掴んだようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 コロナモレリアチャンピオンシップ

  • 2007/04/26~2007/04/29
  • 賞金総額:1,300,000US$
  • トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!