ニュース

米国女子コロナモレリアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 コロナモレリアチャンピオンシップ
期間:04/26〜04/29 場所:トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

ノーボギーはチャージへの布石か!? 57位タイで予選通過!

2007/04/28 00:00


米国女子ツアー第6戦「コロナモレリアチャンピオンシップ」も2日目を迎え、初日を3オーバーの73位タイで終えた宮里藍にとっては予選通過を見据えながらのラウンドとなる。パットの復調が決勝ラウンド進出へのポイントになるが、調整は上手く進んでいるのだろうか。

1番ホールからスタートした宮里は、この日もアップダウンの激しいコースに苦戦を強いられる。2打目以降は打ち上げとなるショットが多く、縦の距離感が合わせにくいこともありグリーンを外す場面が多く見られた。しかしこの日はアプローチが冴え、1パット圏内にボールを寄せるナイスリカバリーが続き、何とかパーで凌ぐ展開が続く。7番パー4では、ピン下3メートルのバーディパットを沈め、少しずつ順位を上げていった。

<< 下に続く >>

後半の10番パー5では、3打目を1.8メートルにつける絶好のバーディチャンス。しかしこれを外し、なかなか流れに乗り切れない。それでも「パットのフィーリングは良くなっている」と言う宮里は、その後もバーディこそないもののパーセーブを続け、結局1バーディ、ノーボギーでホールアウト。通算2オーバーの57位タイと順位を上げ、まずは予選通過を果たした。

パーで凌ぎ続ける緊張感からようやく解放され、「長い一日でした・・・」と思わず口に出た宮里。その中で「ノーボギーは明日につながりますね」と、この日の堅実なプレーが決勝ラウンドでの好結果につながる伏線になることを期待した。また、2日連続で8番パー5の池に入れてしまったことに触れ、「明日はパー 5でチャンスをものにして、いい流れを作っていきたい」と、上位進出へのポイントを明かした。

残り2日、首位とは11打差と離されてしまったが、パットの復調は自身も感じている様子。明日のポイントと話すパー5を攻略して、上位への進出を期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 コロナモレリアチャンピオンシップ

  • 2007/04/26~2007/04/29
  • 賞金総額:1,300,000US$
  • トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!