最近のニュース 新着一覧≫


2021/03/17

ゴルフきょうは何の日<3月17日>

1902年 「球聖」ボビージョーンズ生誕 生涯アマチュアとしてプレーし、「球聖」としてゴルフ史に名を残したボビージョーンズは米ジョージア州アトランタで生まれた。 病弱だったため、父のす…
2021/03/22

ゴルフきょうは何の日<3月22日>

ボビージョーンズ。自らの夢であるゴルフコースの建設を目指し、ニューヨークの投資家、クリフォード・ロバーツとともに設立したのが「マスターズ」の舞台となるオーガスタナショナルゴルフクラブだ。 マスターズ公式
2021/06/14記録

「全米オープン」記録集

,05) ボビージョーンズ(アマ) (1923,26,29,30) ベン・ホーガン (1948,50,51,53) ジャック・ニクラス (1962,67,72,80)3勝ヘイル・アーウィン
2018/03/21ゴルフ昔ばなし

遥かなる…ゆえに美しきオーガスタ/ゴルフ昔ばなし

ボビージョーンズと、実業家のクリフォート・ロバーツによって創設。アトランタの東・約280kmにあるオーガスタを舞台にしてきました。 三田村 僕が初めてオーガスタに取材に出向いたのは1974年
2021/04/06マスターズ

祖父が83年前に「マスターズ」出場 全米アマ優勝者の系譜

。 「マスターズ」創設者のボビージョーンズと同じジョージア工科大学出身で、スポーツだけでなく、学業においても優秀な成績を収めた生徒・男女各1人に贈られる「ボビー・ドッドアワード」を2019年に受賞。「一生…
2021/06/21全米オープン

ジョン・ラームがメジャー初V 松山と星野は26位

)、ザンダー・シャウフェレらが1アンダー7位。シャウフェレは初出場の17年から5大会連続のトップ10フィニッシュとなり、7大会連続を記録したボビージョーンズ以来の成績を収めた。 世界ランク1位ダスティン
2021/04/08マスターズ

オーガスタはリンクスコースを目指す チェアマンが会見

だと思います。グリーンだけでなく、フェアウェイも硬く、速い。ボビージョーンズはよくオーガスタナショナルを作るときに、内陸のリンクスコースを作りたかったと言っていました。もちろん、コースにはたくさんの
2021/02/03WMフェニックスオープン

飛距離問題にシンプソンが反論「問題はコースの構造」

だが、「私は用具が問題だとは思っていない」と用具規制案に否定的で、「ジャック・ニクラスはボビージョーンズよりもずっと遠くに打っていたし、ジャック以降の選手はジャックよりも遠くに打っているはずだ
2020/09/27

ゴルフきょうは何の日<9月27日>

1930年 ボビージョーンズが史上初の年間グランドスラムを達成 当時28歳だったアメリカのトップアマ、ボビージョーンズが「全米アマチュア選手権」(ペンシルベニア州メリオンGC)を制覇。…
2020/11/12マスターズ

「我々は岐路に立っている」 飛距離問題でオーガスタGC

距離が変わるだけではなく、ホールの見え方が変わり、設計哲学も変わってしまう。我々がいつも注力しているのは、(アリスター)マッケンジーと(ボビージョーンズの設計哲学を維持することだ」と場当たり的な対処
2020/04/05後世に残したいゴルフ記録

日本が誇る2人の年間グランドスラマー/残したいゴルフ記録

たい記録として紹介します。 “グランドスラム”発祥の歴史 4大メジャーを制する“グランドスラム”という言葉は、「球聖」としてゴルフ史に名を残したボビージョーンズが発祥だ。1930年、アメリカのトップ
2018/12/13モテゴル研究部

なぞの女子社員 ダーハラ登場

?」 ダーハラ:「バーイ、ボビージョーンズ・・・」 おち丸:「聞こえてないみたいね」 シバッバ:「自分の世界に入ってるみたい」 うっちー:「ボビージョーンズって誰だっけ?」 がっくん:…
2018/03/26ゴルフ昔ばなし

マスターズの揺るぎなき伝統と変革/ゴルフ昔ばなし

あった 三田村 今ではマスターズの入場券はプラチナチケットになっているけれど、最初のうちは(大会設立者、コース設計者の)ボビージョーンズが弁護士仲間に数十枚のチケットを買ってもらったり、ジョーンズ
2013/06/10佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 81>番外編/全米オープン

ボビージョーンズ史上初のグランドスラム達成の地 今年の「全米オープン」の会場となるメリオンGCイーストコースは、ボビージョーンズゆかりの地、そして大記録が達成されたコースである。19…
2013/04/08ヨーロピアンツアー公式

陽春の色彩鮮やかな四月のオーガスタ

相応しい特色といえるだろう。 200年前、それは1931年にボビージョーンズとクリフォード・ロバーツがこの地を70,000ドルで買ったよりもさらに時代を遡ることになるが、この地は藍の栽培地であった