2021/11/29ブルーキャニオン選手権

台湾のセン世昌が優勝 中断後のアジアンツアー制す

◇アジアンツアー◇ブルーキャニオン選手権 最終日(28日)◇ブルーキャニオンCC (タイ)◇7257yd(パー72) 首位に並んで出たセン(台湾)が「68」で回り、通算18アンダーで優勝、コロナ
2021/11/28ブルーキャニオン選手権

セン世昌とキム・シバンが首位で最終日へ

◇アジアンツアー◇ブルーキャニオン選手権 3日目(27日)◇ブルーキャニオンCC (タイ)◇7257yd(パー72) ともに3位から出たセン(台湾)とキム・シバン(韓国)がそれぞれ「68」で
2016/09/28マーキュリーズ台湾マスターズ

ダイヤモンド杯優勝のセン世昌が凱旋参戦

ダイヤモンドカップ」でアジアンツアー2勝目(日本ツアー1勝目)を挙げたセン(チャン・シーチャン)が郷里に凱旋し、参戦する。世界ランキングは390位から215位に上昇し、潘政琮に次ぐ台湾勢2番手と
2022/02/28ロイヤルズカップ

セン世昌が完全優勝でツアー4勝目 久常涼は38位

◇アジアンツアー◇ロイヤルズカップ 最終日(27日)◇グランプリGC(タイ)◇7215yd(パー72) セン(台湾)が「68」で回り、通算23アンダーで初日から首位を守って完全優勝。昨年11月の
2016/10/16ベネチアン・マカオオープン

竹安俊也は40位 優勝はタイ出身アジア下部ツアー5勝の27歳

・ラヒリ(インド)をプレーオフで制し、逆転で勝利を収めた。タンカモルプラサートは07年にプロ転向、アジア下部ツアー5勝を挙げている27歳。 通算13アンダーの3位にセン(台湾)、Sチッカランガッパ
2016/09/29マーキュリーズ台湾マスターズ

前週に日本で優勝したセンが2打差5位発進

は、前週の日本ツアーとの共催競技「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」を制したセンと、大会2勝の呂偉智が2アンダーにまとめて5位につけ、好位置で滑り出した。中国の梁津萬は途中棄権した。
2016/09/30マーキュリーズ台湾マスターズ

タイのピッタラヤットが抜け出す

)、チャワリット・プラポール、パチャラ・コンワットマイ(ともにタイ)の3人。 前週の日本ツアーとの共催競技「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」を制した台湾のセンは2アンダーで8位グループにつけている。
2016/09/25アジアパシフィック ダイヤモンドカップ

水玉模様の勝負服で!台湾のシンデレラボーイが日本初勝利

の13位タイから出たセン(台湾)が8バーディ「62」で回り、通算10アンダーとして逆転優勝を飾った。アジアンツアーは7月の「キングスカップ」に続く2勝目。日本ツアーは初勝利で、台湾勢としては
2022/02/25ロイヤルズカップ

水野眞惟智が3打差6位発進/アジア

◇アジアンツアー◇ロイヤルズカップ 初日(24日)◇グランプリGC(タイ)◇7215yd(パー72) タイ2連戦の初戦が開幕した。台湾のセンが「64」をマークし、8アンダーの単独首位で発進した
2016/10/31ヨーロピアンツアー公式

松山英樹の勝利が意味する事実

(深センインターナショナル)、李昊桐(リー・ハオトン、ボルボ中国オープン)、セン(キングスカップ)、ジミー・ウォーカー(全米プロゴルフ選手権)、ポール・ピーターソン(D+Dレ…
2021/11/27ブルーキャニオン選手権

サドム・ケーオカンジャナが首位浮上 水野眞惟智は予選落ち

目指す。 初日首位のジョン・キャトリン(米国)が1打差2位。セン(台湾)とキム・シバン(米国)がさらに1打差で続いた。 日本勢で唯一出場する水野眞惟智は3バーディ、2ボギーの「71」と伸ばしきれず
2021/11/26ブルーキャニオン選手権

ジョン・キャトリンが首位発進 水野眞惟智は大きく出遅れ

)が2イーグル、3バーディの「65」をマークし、7アンダーの単独首位で発進した。 セン(台湾)とイアン・スナイマン(南アフリカ)が6アンダー2位。地元タイのパチャラ・コンワットマイが5アンダー4位
2019/09/08Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

張二根が逆転V 大槻智春21位、川村昌弘25位

アンダーの3位にセン(台湾)が続いた。 3人が出場した日本勢は、大槻智春が通算8アンダーの21位、川村昌弘が通算7アンダーの25位、水野眞惟智が通算6オーバーの70位で4日間を終えた。
2019/09/07Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

日本勢は3人が予選通過 大槻智春は22位で最終日へ

センと、韓国の張二根。通算13アンダーの4位にハマモト・コウスケ(タイ)が続いた。 3人が出場する日本勢はいずれも決勝ラウンドに進出。大槻智春は「72」で通算6アンダーの22位、川村昌弘は「73」で通算1アンダーの50位、水野眞惟智は「77」で通算4オーバーの69位で最終日を迎える。
2018/10/21ブリヂストンオープン

今平周吾が逆転でツアー2勝目 石川遼は5打差4位

差の15アンダー2位で終えた。 通算13アンダーの3位にセン(台湾)。石川遼は4バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算11アンダーの4位で堀川未来夢、イ・サンヒ(韓国)と並んだ。 前年覇者の時松隆光は通算6アンダー15位。前週「日本オープン」を制した稲森佑貴は通算4アンダー22位で終えた。