2015/08/09ヨーロピアンツアー公式

アクロンで花開いたローズ

こととなった。 一方、ヘンリック・ステンソン、イアン・ポールター、スティーブンボウディッチ、そしてバッバ・ワトソンは更に2打後方からの逆転を狙う最終日となった。
2014/12/26ツアーギアトレンド

2014年PGATOURギアトレンド(2)キャロウェイ

使用できるだけの多様性が損なわれてしまったのである。今季登場したX2 HOT Deepはフィル・ミケルソン、ニコラス・コルサーツ、マッテオ・マナッセロ、そしてスティーブンボウディッチらによって使用され
2014/03/29PGAコラム

ボウディッチが1打リードでツアー初の首位に

TPCサンアントニオでの「バレロテキサスオープン」2日目、スティーブンボウディッチは最終ホールで痛恨のダブルボギーを叩いたものの、PGAツアーで自身初の首位に立った。ラウンド序盤でのイーグルや
2014/03/30PGAコラム

クーチャーが「65」の猛チャージ 優勝候補の筆頭か

。 クーチャーは8バーディ、1ボギーの「65」とし、3日目を終えて「207」の通算9アンダー。1位のスティーブンボウディッチと3打差に迫った。クーチャーは1番ホールでバンカーからバーディを決めると
2014/03/31バレロテキサスオープン

ボーディッチがツアー初優勝 マスターズ出場も確定

プレッシャーの中での我慢比べを制したのは、オーストラリアの30歳、スティーブン・ボーディッチだった。 今大会2日目にPGAツアーで初めて首位に立ったボウディッチは、暴れるショットを得意のアプローチで
2014/03/31マスターズ

マスターズ出場へ 次週がラストチャンス

テキサス州サンアントニオで開催された米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」で優勝したスティーブンボウディッチ(オーストラリア)が、翌々週に行われる海外メジャー初戦「マスターズ」の出場権を獲得した
2014/03/30GDOEYE

テキサス・ウェッジはいずこへ?

れる程スムーズになった。「バレロテキサスオープン」の会場、TPCサンアントニオももちろん例外ではない。 PGAツアー初優勝に向けて単独首位に立つスティーブンボウディッチ(オーストラリア)は、3日目の
2013/07/07グリーンブライアークラシック

突如目覚めたワグナーが単独首位で最終日へ

ジミー・ウォーカーが自身ツアー初勝利へ向け、首位に2打差で続いている。また、通算10アンダーの3位にはジョナス・ブリクスト(スウェーデン)、通算9アンダーの4位タイには、マット・ジョーンズとスティーブン
2013/07/08グリーンブライアークラシック

ジョナス・ブリクストが逆転でツアー2勝目!

は、スティーブンボウディッチ(オーストラリア)、マット・ジョーンズ(オーストラリア)、ジョンソン・ワグナー、ジミー・ウォーカーの4選手。通算9アンダーの6位タイには、テッド・ポッタージュニア、ブライアン・スチュワート、パット・ペレツの3人が入った。
2013/04/06バレロテキサスオープン

B.ホーシェルが単独首位!R.マキロイも急浮上

視界に捕えて決勝ラウンドに入る。 2打差の2位タイにダニエル・サマーヘイズ、チャーリー・ホフマンの米国勢に加え、オーストラリアの29歳、スティーブンボウディッチが続いた。 そして初日45位タイと出遅れ
2012/07/21トゥルーサウスクラシック

連日のサスペンデッド 今田竜二は暫定22位タイへ後退

ストロークずつ伸ばしてきたマット・ベッテンコート。通算11アンダー暫定3位タイにはスティーブンボウディッチ(オーストラリア)とジェイソン・ボーンの2人。ボーンは10番からスタートし、17番を終え第2
2011/05/21クラウンプラザインビテーショナル

D.トムズが追随許さぬ快進撃!今田は予選落ち

マークした。 通算9アンダーの2位タイには、チャーリー・ウィー(韓国)、スティーブンボウディッチ、ジョン・センデン(ともにオーストラリア)、マーク・ウィルソンら4選手が並んでいる。通算8アンダーの6
2007/12/02マイケルヒル・ニュージーランドオープン

勢いに乗るR.フィンチが首位に立つ!

3打差をつけて首位に立ち、優勝に大きく近づいた。 首位でスタートしたスティーブンボウディッチ(オーストラリア)は、前半締めくくりの9番で、まさかのトリプルボギー。後半は、12番から4連続バーディと
2007/12/01マイケルヒル・ニュージーランドオープン

単独首位にS.ボウディッチ! P.シーハンがこれを追う!

ニュージーランドのザ・ヒルズGCで開催されている、2008年の欧州ツアー第4戦「マイケルヒル・ニュージーランドオープン」の2日目。後半に爆発したスティーブンボウディッチ(オーストラリア)が単独首位
2007/12/03マイケルヒル・ニュージーランドオープン

R.フィンチが逃げ切り優勝! 欧州ツアー初勝利を飾る

、スコアは通算14アンダーのまま。それでも、後続プレーヤーのスコアが伸びなかったこともあってそのまま逃げ切り、欧州ツアー初勝利を飾った。 首位から3打差でスタートし、逆転優勝を狙ったスティーブン