2018/03/14ゴルフ昔ばなし

やがて訪れる終着駅 レジェンドに花道を/ゴルフ昔ばなし

。 三田村 ジャンボは「年を取るとクラブを振る前までの準備が本当に大変」と言っていた。それが難しく、クラブを振れないのはプレーヤーにとって一番つらいことだと思う。 宮本 ハートは変わっていないんだ
2017/12/19topics

編集部J子が行く!初めての「1人予約」プレー<前編>

月1ラウンダー、ゴルフ編集部に勤務するJ子。一緒に楽しくプレーできる仲間との出会いを(恋が芽生える可能性もw)求めて、今回は「1人予約」を体験してきました。ハートウォーミングな話から背筋が凍るような
2017/05/31佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑240・番外編>「最終回」佐渡充高

会い、インタビューさせてもらい、その後の人生における貴重な財産となった。 選手たちは公私で度々NYCを訪れる。グレッグ・ノーマンらスター選手はデパートのレッスン会やサイン会に招かれるし、ジャスティン
2017/04/12堀江貴文ゴルフ

来て、見て、感じた!ホリエモンの“生”マスターズ観戦記

(スペイン)とジャスティン・ローズ(イングランド)の優勝争いを振り返ると、堀江氏のテンションはMAXになった。 「周りの雰囲気がもう“ガルシア頑張れ!”ってなっていて。プレーオフはどっちが先に打つか
2016/10/11ヨーロピアンツアー公式

英国マスターズの大会アラカルト

する面々が技術と精神力を試されることになる。 <コース> コースはキングスバーンGLなどを手掛けた高名なコース設計家であるカイル・フィリップスにより2003年に設計された。複雑さを特徴とするハート
2016/08/17佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑210>ジム・フューリック(前編)

30人目の3000本安打を達成。東部コネチカット州では、ジム・フューリックがPGAツアー史上最少スコア「58」を記録した。奇しくも同日に記録達成した2人のイメージが重なった。イチロー選手は26歳で
2016/10/14ヨーロピアンツアー公式

初日のザ・グローブは4人が首位を分け合う展開に

・スラッテリー、デービッド・ホーシー、リー・ウェストウッド、ジェームス・モリソン、アンドリュー・ジョンストンとリチャード・ブランド、そしてスウェーデンのアレックス・ノレンがつけている。 フリートウッドは
2015/06/14コンステレーション・シニアプレイヤーズ選手権

ランガーが連覇へ独走 後続に8打差

トップを走るコリン・モンゴメリーは6バーディ、2ボギーと伸ばし、ガイ・ボロス、ジェフハートらと並ぶ3位に浮上してきた。
2016/06/03GDOEYE

デシャンボー、“1スイング”で帝王ニクラスを戦慄させる

デビッド・リングマース、期待の若手ジャスティン・トーマスに続いて登場したデシャンボーは、出だしから観衆のハートをつかんだ。 普通は使用するクラブ1本を握って登場するところ、デシャンボーはキャディバッグを抱え
2015/05/18リージョンズトラディション

2年目のマガートがメジャー初優勝 プレーオフでサザーランドを破る

持ちこみながらも、ツアー初優勝はできなかった。 通算11アンダーの3位に、ジェフハートとジーン・サワーズ。通算9アンダーの5位に、前年覇者のケニー・ペリーほか、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)、マイケル・アレン、トム・レーマンの4人が続いた。
2016/01/06佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑180>スマイリー・カウフマン(前編)

試合の名を満たせないシーズンが続いていた。ところが今年の今大会は有資格者のほぼ全員が勢ぞろいする。オールスターキャストで本来の魅力が満載だ。 世界ランク1位をかけて熾烈な争いを続けるジョーダン
2015/06/26全米シニアオープン選手権

トム・ワトソンが単独首位 室田淳は2打差8位発進

6バーディ1ダブルボギーの「66」をマーク。4アンダー単独首位の好スタートを切った。 首位と1打差3アンダーの2位にマイケル・アレン、リー・ジャンセン、ジェフハート、ジミー・カーター、P.H
2015/02/13AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

ジョン・デーリーが1打差3位発進!今田竜二は38位

2012年の大会覇者ブラント・スネデカー(MP)ほか、ジム・フューリック(MP)、J.J.ヘンリー(PB)、チェソン・ハドリー(MP)、ダドリー・ハート(PB)が並んでいる。 直前に繰り上がり出場が
2015/07/19全英オープン

富村真治、高山忠洋は3打及ばず予選落ち

たブルックス・ケプカとジョン・センデン(オーストラリア)はともに米ツアーで活躍中。ツアー屈指の飛ばし屋として売り出し中のケプカについて「大きいのもあるが、体幹の強さがスゴイ」と、ショットを打った後も
2014/09/28ネイチャーバレー・ファーストティオープン

クックが首位に抜け出す 通算8アンダー

打差の7アンダーの2位で、スキップ・ケンドールとトム・バイラムが追う。マルコ・ドーソンが6アンダーで4位。 5アンダーの5位にジェイ・ハース、リー・ジャンセン、ポール・ゴイドス、フレッド・ファンクに加え、いずれもペブルビーチを「67」で回り順位を上げたデービス・ラブIIIとジェフハートが並んだ。