2017/08/07バラクーダ選手権

クリス・ストラウド、プレーオフを制してツアー初V

◇米国男子◇バラクーダ選手権 最終日(6日)◇モントルーG&CC (ネバダ州)◇7472 yd(パー72) 首位と13ポイント差の22位から出たクリスストラウドが熱戦を制した。1イーグル9バーディ
2018/08/02バラクーダ選手権

ツアー唯一のポイント積み上げ方式 WGC裏大会

、バーディやボギーなどのスコアによって異なるポイント(※)を積み上げる「ステーブルフォード方式」が採用されている。 昨年は首位と13ポイント差の22位から出たクリスストラウドが、グレッグ・オーウェン
2019/07/15ジョンディアクラシック

南アフリカのフリッテリがツアー初優勝 今季12人目

者となった。 通算19アンダーの2位にはラッセル・ヘンリー。通算18アンダーの3位にアンドリュー・ランドリー、通算17アンダーの4位にコリン・モリカワ、クリスストラウドの2人が続いた。 また
2019/04/01コーラルズプンタカナリゾートクラブ選手権

マクドウェルが4年ぶり勝利 イム・ソンジェは7位

。 通算17アンダーの2位にマッケンジー・ヒューズ(カナダ)とクリスストラウド。通算16アンダーの4位にジョナサン・バードが続いた。 かつて日本を主戦場にしていたイム・ソンジェ(韓国)は2打差を
2019/03/31コーラルズプンタカナリゾートクラブ選手権

マクドウェルが首位浮上 イム・ソンジェは2打差の3位

マークして11位から浮上したクリスストラウド。通算13アンダーの3位に、首位から後退したルーキーのイム・ソンジェ(韓国)とアーロン・バデリー(オーストラリア)が続いた。 通算11アンダーの5位に
2018/07/27カナディアンオープン

ガリガスが「63」で暫定首位 D.ジョンソンは5打差

首位に立ったのは、40歳のロバート・ガリガス。5連続を含む9バーディ、ノーボギーの「63」をマークし、9アンダーで発進した。 暫定2位に1打差の8アンダーとしたアダム・シェンク。クリスストラウドが7
2018/08/05バラクーダ選手権

A.パットナムが首位 ツアー唯一のポイント積み上げ方式

ポイントの7位に後退。大会連覇を目指すクリスストラウドも33位から出て通算26ポイントの7位で最終日に臨む。 世界ランキング上位選手が同週開催の「WGCブリヂストン招待」に出場する中、ツアーでは唯一
2018/03/29ヒューストンオープン

ハリケーン被害とスポンサー探し ヒューストンが挑む難題

に、素晴らしい仕事をした」と関係者を褒め称えた。 コースから車で東に2時間の同州ボーモントで生まれたクリスストラウドは、ハリケーン被害者を救うために尽力した。昨年12月にはヒューストン郊外にある
2017/03/26プエルトリコオープン

ストラウドが首位浮上 石川遼と岩田寛は予選落ち

に進出。前日にラウンドを終えていた石川遼はイーブンパーの100位、岩田寛は3オーバーの120位で予選落ちとなった。 引き続き行われた決勝ラウンドでは、4位から出たクリスストラウドが5バーディ
2017/03/27プエルトリコオープン

D.A.ポインツが4年ぶりツアー通算3勝目

・デシャンボー、ビル・ルンデ。3打差5位にサム・サンダース、ピーター・ユーライン、キム・ミンフィ(韓国)が続いた。単独トップでスタートしたクリスストラウドは、「71」でプレーして通算16アンダー8位で大会を終えた。 日本勢は石川遼と岩田寛が出場していたが、ともに予選落ちした。
2018/01/06セントリートーナメントofチャンピオンズ

松山英樹は4打差で折り返す レイシュマンが首位キープ

。 通算8アンダーの4位にパット・ペレス、クリスストラウド、ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が並び、通算7アンダーの7位にジェイソン・ダフナーが続いている。 昨年大会で2位に入った松山英樹は6バーディ、3
2017/08/14ヨーロピアンツアー公式

トーマスがクエイルホローでメジャー初制覇

の7番でバーディを奪うと、9番では11メートルのバーディパットを沈めた。10番ではカップのフチに留まるかに見えたバーディパットがカップへ落ち、大歓声を背に松山、キスナー、クリスストラウドと首位の座を
2017/08/11全米プロゴルフ選手権

松山英樹は15位発進 首位にオルセンとキスナー

・ケプカのほか、地元ノースカロライナ州出身のグレイソン・マレー、ゲーリー・ウッドランド、クリスストラウド、D.A.ポインツがつけた。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは松山、ジェイソン・デイ