2017/07/10ソーンベリークリークLPGAクラシック

キャサリン・カークが逃げ切り優勝 上原彩子は6位

◇米国女子◇ソーンベリークリークLPGAクラシック 最終日(9日)◇ソーンベリークリークGC(ウィスコンシン州)◇6624yd(パー72) 首位から出たキャサリンカーク(オーストラリア)が6
2018/07/06ソーンベリークリークLPGAクラシック

カークが連覇へ10アンダー首位発進 上原5位 畑岡は54位

◇米国女子◇ソーンベリークリークLPGAクラシック 初日(5日)◇ソーンベリークリークGC(ウィスコンシン州)◇6624yd(パー72) 前年覇者の36歳キャサリンカーク(オーストラリア)が10
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・ワトニージョナサン・ベガス 8:23(22:23) ホアキン・ニーマンケビン・チャッペル 8:32(22:32) ラッセル・ヘンリー松山英樹 8:41(22:41) オリー・シュナイダージャンズロス
2018/07/09ソーンベリークリークLPGAクラシック

驚異の31アンダー キム・セヨンは伸ばし合いにめっぽう強い

れる。大会は今年が2回目で、昨年の第1回の優勝スコアは通算22アンダー(キャサリンカーク)。スコアが出やすい大会だとは言える。 畑岡奈紗は開幕前、「グリーンはきれいで、距離もそんなにないので攻めていき
2018/07/07ソーンベリークリークLPGAクラシック

畑岡奈紗は30位 首位にキム・セヨン

ハウス、エマ・タリー、キャサリンカーク(オーストラリア)が続いた。 54位タイから巻き返しをはかった畑岡奈紗は4バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし通算7アンダーの30位タイに浮上した。 5位タイ
2018/07/04ソーンベリークリークLPGAクラシック

畑岡奈紗は前週のリベンジへ 横峯、上原らも参戦

メジャー大会を終えたばかりだが、ツアーは休むことなく続いていく。 昨年の第1回大会を制したのはキャサリンカーク(オーストラリア)。4日間通算22アンダーとスコアを伸ばし、後続を1打差で振り切った。また
2018/04/22バレロテキサスオープン

T.マリナックス「62」で3位浮上 Z.ジョンソンら首位

。 通算13アンダーの首位は、ザック・ジョンソンとアンドリュー・ランドリーの2人。通算11アンダーの4位にライアン・ムーア。通算9アンダーの5位にショーン・オヘアー、ジミー・ウォーカー、クリス・カーク
2018/01/26ピュアシルク バハマLPGA

B.ヘンダーソンが暫定首位 畑岡奈紗は出遅れ103位

、ツアールーキーのルナ・ソブロン・ガルメス(スペイン)。3アンダーの暫定4位に、世界ランキング1位のフォン・シャンシャン(中国)、キャサリンカーク(オーストラリア)ら6人が続く。 3人が出場する日本勢
2017/06/30全米シニアオープン選手権

崎山武志22位、井戸木鴻樹は出遅れ トリプレットが首位

。チャンピオンズツアー5勝を挙げているカーク・トリプレットが、1イーグル、6バーディの大会最少スコアタイの「62」でプレーして、8アンダー単独首位の好スタートを切った。 1打差の7アンダー2位にオリン
2018/01/12ソニーオープンinハワイ

片岡大育が2打差7位発進 宮里優作は出遅れ116位

ザック・ジョンソンと、米ツアー4勝で32歳のクリス・カークがいずれも7バーディ、ノーボギーの「63」でプレーし、首位に並んで発進した。1打差の3位にボーン・テーラー、カイル・スタンリー、テーラー
2018/01/13ソニーオープンinハワイ

片岡大育は12位に後退 宮里、小平は予選敗退

・ハーマンが1イーグル6バーディ、1ボギーの「63」でプレー。通算13アンダーとして、3位から単独首位に浮上した。 3打差2位に首位から出たザック・ジョンソンとクリス・カークに加え、ジョン・ペターソン
2017/02/17ISPSハンダ オーストラリア女子

【速報】畑岡奈紗は「68」で終了 81位から急浮上

いるキャサリンカーク。1打差の2位タイに、いずれもホールアウトしたリゼット・サラスとポルナノン・ファトラム(タイ)が続く。 99位から出たディフェンディングチャンピオンの野村敏京は、6バーディ、2
2017/10/01ザ・プレジデンツカップ

ラヒリが“リベンジ”の大仕事 3日目唯一の白星

・シウー(韓国)が、チャーリー・ホフマン&ケビン・チャッペル組を破り、あすに望みをつないだ。 4日間でトータル30ポイントを奪い合う今大会。ポイントを15.5に積み上げた時点で勝利が決まり、米国選抜は
2017/09/17エビアン選手権

上原彩子が1打差2位に急浮上 宮里藍は27位

キャサリンカーク(オーストラリア)が通算7アンダーの3位。リディア・コー(ニュージーランド)、韓国のパク・ソンヒョン、キム・インキョンが通算6アンダーの4位で追う。 野村敏京は通算イーブンパーの35位。