2019/12/09ヨーロピアンツアー公式

10代のホイガールトがモーリシャスで歴史的勝利

入った。 通算17アンダーの8位にはフランスのホバン・シオシーグリストが入り、さらに1打後方の9位タイには同じくフランスのジュリアン・ガーリア、南アフリカのオリバーベッカー、米国のキム・シバン、そしてスコットランドのコナー…
2013/12/14ヨーロピアンツアー公式

カンピージョが「59」を記録するもブルックスが首位をキープ

、地元で声援を受けるブランデン・グレース、オリバーベッカー、そしてダウィー・ヴァン・デル・ウォルトの南アフリカ勢3人が通算10アンダーで前の2人を追う展開となっている。 水曜と木曜の両日に発生した
2017/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」大会アラカルト

チャレンジツアーでの好調振りを遺憾なく発揮したイングランドのアーロン・ライも含まれる。オリバーベッカー、ブラッドリー・ドレッジ、ポール・ダン、リ・ハオトン、ティレル・ハットン、ウェイド・オームスビー
2013/12/13ヨーロピアンツアー公式

悪天候が続く中、ベッカーが上位へ浮上

この日も競技が中断となった「ネルソンマンデラ選手権」は、ダニエル・ブルックスか首位をキープする中、オリバーベッカーがリーダーボードを駆け上ってきた。 7時間の降雨中断に見舞われた水曜日に続き
2014/07/25ヨーロピアンツアー公式

初日はホージーが一躍首位へ

差の5アンダーで並ぶ8人の集団は、もう一人のスコットランド人であるジャック・ドハティ、インドのガガンジート・ブラー、南アフリカのオリバーベッカーとルイス・デ・ジャガー、スウェーデンのリカルド
2017/12/11ヨーロピアンツアー公式

月曜決着へシャルマが南アフリカでの栄光に一歩前進

スコアを伸ばしたバームスターがつけており、その1打後方にはオリバーベッカー、マーク・フォスター、ヨアキム・B・ハンセン、ロス・マッゴーワン、ビクトル・ペレス、そしてポール・ピーターソンがつけている。
2015/05/08ヨーロピアンツアー公式

離脱3カ月 復帰戦で輝きを放ったオルセン

」。 南アフリカのオリバーベッカーと豪州のテリー・ピルカダリスが5アンダーで4位タイにつけており、その1打後方にはジョン・パリー、ジャスティン・ウォルターズら7人が続いている。
2012/12/14アルフレッド・ダンヒル選手権

C.シュワルツェルは1打差2位タイ発進 首位はG.ボーディー

は、同ツアーの今季初戦を迎えたメジャータイトルホルダー、チャール・シュワルツェルをはじめ、ダレン・フィチャート、ルイ・デヤヘル、オリバーベッカーら地元アフリカ勢をはじめ、スティーブ・ウェブスター
2013/02/15アフリカオープン

強風の影響で日没サスペンデッドに 暫定首位はJ.ヴァンジル

バーディを奪い、5アンダーをマークしている。4アンダー暫定3位のジョン・パリ―(イングランド)、4位タイのオリバーベッカー(南アフリカ)らは18ホールを完了した。 今大会は歴代王者でメジャーチャンピオンのルイ・ウーストハイ…
2013/02/16アフリカオープン

ブラジルの41歳 A.ダ・シルバが単独首位

ホールを終えて暫定首位に立っていたバンジルは、第2ラウンドで3連続、4連続とバーディを積み重ねたが、ボギーも3つたたき11アンダーに留まっている。 通算10アンダー単独3位にイングランドのジョン・パリー、通算8アンダー4位タイに南アフリカのダレン・フィチャート…
2018/12/14アルフレッド・ダンヒル選手権

川村昌弘は6打差32位発進 南アの34歳が首位

◇欧州男子◇アルフレッド・ダンヒル選手権 初日(13日)◇レオパルドクリークGC (南アフリカ)◇7287yd(パー72) 地元・南アフリカの34歳オリバーベッカーが7バーディ、1ボギーの「66
2015/05/08アフラシアバンク・モーリシャスオープン

モーリシャスでの新規大会 川村昌弘が14位発進

132人をリードした。 1打差の4位にオリバーベッカー(南アフリカ)とテリー・ピルカダリス(オーストラリア)。さらに1打差、4アンダーの6位タイにディーン・バームステア(南アフリカ)ら8人が並んだ
2017/05/30ヨーロピアンツアー公式

ウォルトンヒースで輝いたライが全米デビューを確定

。彼にとっては、2年連続での予選会からの全米出場となった。 ほかに規定の36ホールで予選通過を果たしたのは、南アフリカのオリバーベッカー、ジョージ・クッツェー、そしてブランドン・ストーン、フランスの
2018/12/15アルフレッド・ダンヒル選手権

川村昌弘は32位 首位にリプスキー

だ。首位から出たオリバーベッカー(南アフリカ)は「73」とスコアを落とし、通算5アンダー6位に後退した。 川村昌弘は4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「71」でプレーし、通算1アンダー32位で大会を折り返した。