2019/03/23クラブ試打 三者三様

ミズノプロ モデル-E ドライバー/ヘッドスピード別試打

、アベレージ向け? 「どちらかと言えばそうだと思います。いまどきの大きくて安心感のある見た目からは、アベレージ向けと言えそうです。ただ、実際に打った時のヘッドの返りやすさには、戸惑ってしまうほど操作
2018/12/11マーク金井の試打インプレッション

進化したソフトな打感と高い操作性「ミズノプロ 319 アイアン」

試打し、アマチュアゴルファーでも使いこなせるのか、インプレッションする。 ・ヘッド素材、打感にこだわる中・上級者 ・操作の高いアイアンを求める中・上級者 ・ダウンブロー軌道で打てるゴルファー ヘッド
2018/10/09マーク金井の試打インプレッション

飛びの性能とミスへのやさしさ「タイトリスト TS2 ドライバー」

ストレート弾道。見た目はつかまりが良さそうであるが、オープンフェースの影響でそれほどつかまらない。重心が長くて深いのが手に伝わり、ヘッドの操作は高くなく、直進の高い弾道を打ちやすい。 慣性
2019/03/15中古ギア情報

米ツアーで気になる赤銅色のウェッジ

。 ちなみにジョンソンはロフト角64度、マキロイは54度と60度、ラームは60度のモデルを使っている。ロフト角によってソール形状が違うのだが、彼らのモデルは操作重視で“お助け機能”は期待できない。一般
2019/01/25中古ギア情報

米ツアーでドライバー使用率トップのメーカーは?

」が10人と計38人が使い、2メーカーを上回る結果となった。 ちなみに「TS2」は高い飛距離性能と寛容を狙ったモデルで、「TS3」は飛距離性能に加え、操作重視したモデル。どちらも2018年9月に
2018/08/11クラブ試打 三者三様

ゼクシオ テン ドライバー/ヘッドスピード別試打

台の筒は、「シャフトがしっかりしているので、安定感だけではなく操作も意外と高いです」と性能の高さを実感。HS50台の万振りマンは、「意外とヘッドが小さい。ディープフェースなので構えやすい」と見た目の
2018/05/15マーク金井の試打インプレッション

コンパクトながら打点ブレに強い「テーラーメイド M3 アイアン」

意図がうかがえる。やさしさをアピールした形状ながらも、ヘッドサイズが小ぶりなので操作の高さを感じさせる。 トップラインはやや厚みがあってソールもやや幅広、お尻側が出っ張っている。バウンス角がやや強め
2018/02/20マーク金井の試打インプレッション

ストレート弾道で操作性が高い「ヤマハ RMX 118 ドライバー」

勝つためのクラブとして開発された「ヤマハ RMX 118 ドライバー」はこれまでのRMXのイメージを一新。ボールのつかまりの良さと高い操作に加えて、飛距離と直進を実現したと話題だ。マーク金井が
2018/03/14新製品レポート

飛び系でも高弾道で止められる ピン G700 アイアン

が、たしかにこの飛び方ならコースでも使いやすいと思います。ストロングロフトの飛び系アイアンのなかには、ヘッドスピードが遅めの人が使うと、ライナーの弾道でグリーン奥まで転がってしまうモデルもあります
2017/10/31マーク金井の試打インプレッション

想像を超える飛距離性能 「プロギア エッグ アイアン PF」

入れた方が、インパクトの再現が高くなるタイプのアイアンだ。 純正のカーボンシャフトは軽さとしなり感のバランスが良く、インパクトゾーンではヘッドがややアッパーに動き、球が上がりやすくなっている。 操作
2017/11/28マーク金井の試打インプレッション

爽快な打感でミスに強い 「フォーティーン TP766アイアン」

のアイアンは数字が小さいほどヘッドが大きくてオートマチック、大きくなるほどヘッドが小ぶりで操作重視になる。この「TP766」はアスリート向けでありながらも、やさしさを考慮されていることがうかがえる
2018/02/07新製品レポート

距離のバラツキが少ない クリーブランド CBX ウェッジ

、シンプルに打つタイプのゴルファーには、コスパが良いクラブですね。ヘッドの操作重視する人には向かないかも知れませんが、僕は気に入りました。 【ツルさん】 僕の場合は、フルショットすると少しハードに感じ
2018/04/01topics

「ビッグUT」みたいなドライバー オノフ 赤

性能に特化しています。前作のようにヘッドスピードの速いゴルファーでも使えるオーソドックスで俊敏な操作のヘッドではなくなりました。クラブの軽さとしなりを重視し、ターゲットの裾野を広げたモデルです。つかまりと上がりやすさがコンセプトの「赤シリーズ」に原点回帰したのだと感じました。
2017/07/11マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ スティールヘッド XR プロ アイアン

操作”を加えたという「スティールヘッド XR プロ アイアン」が登場した。3つもの要素をどの程度のレベルで満たしているのだろうか?クラブアナリストのマーク金井が徹底試打を敢行し、アマチュア目線で