2021/07/01クラブ試打 三者三様

TENSEI プロ ホワイト 1Kを筒康博が試打「三菱版の飛び系」

三菱ケミカル「TENSEI プロ ホワイト 1K」の評価は!? 三菱ケミカルの逆輸入モデルとして人気の高い「TENSEI」シリーズ。その国内第2弾モデル「TENSEI プロ ホワイト 1K」は、しなやかで効率的に補強を行う新素材「1Kクロス」を採用し、切り返しで深いタメを生みつつ、ストレスなく振り抜けるという。そんな新境地を切り開くシャフトを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「飛ばせている実感がもてる」 ―率直な印象は? 「国内販売モデルの第1弾『TENSEI CK プロ オレンジ』と比べると、圧倒的に飛びを感じやすい...
2021/06/29クラブ試打 三者三様

TENSEI プロ ホワイト 1Kを西川みさとが試打「トータルバランス◎」

三菱ケミカル「TENSEI プロ ホワイト 1K」の評価は!? 三菱ケミカルの逆輸入モデルとして人気の高い「TENSEI」シリーズ。その国内第2弾モデル「TENSEI プロ ホワイト 1K」は、しなやかで効率的に補強を行う新素材「1Kクロス」を採用し、切り返しで深いタメを生みつつ、ストレスなく振り抜けるという。そんな新境地を切り開くシャフトを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「普段S使用の人はRでもいいかも」 ―率直な印象は? 「走り過ぎるわけでも、粘り過ぎるわけでもない、トータルでのバランスの良さが伝わる...
2021/06/26クラブ試打 三者三様

プラチナム スピーダーを万振りマンが試打「スピン減にもってこい」

藤倉コンポジット「プラチナム スピーダー」の評価は!? 藤倉コンポジットが得意とする走り系のコンセプトを継承し、最先端のカーボン繊維で仕上げた2代目「プラチナム スピーダー」。初代2015年モデルはいまなお“軽硬”の代表モデルとして人気だが、さらにその上をゆく弾き感とフィーリングを生むという。そんな同社が誇る弾き系シャフトをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系YouTuber・万振りマンの評価は!? 「走るだけではなく、粘ってから走る」 ―率直な印象は? 「振り切っても違和感なく、とてもイメージ通りに動いてくれるモデルだったので、扱いやすく感じられます。同社製の『...
2021/06/24クラブ試打 三者三様

プラチナム スピーダーを筒康博が試打「ネーミングに偽りなし」

藤倉コンポジット「プラチナム スピーダー」の評価は!? 藤倉コンポジットが得意とする走り系のコンセプトを継承し、最先端のカーボン繊維で仕上げた2代目「プラチナム スピーダー」。初代2015年モデルはいまなお“軽硬”の代表モデルとして人気だが、さらにその上をゆく弾き感とフィーリングを生むという。そんな同社が誇る弾き系シャフトをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「走り感は文句なし!満点評価◎」 ―率直な印象は? 「まさに『プラチナム スピーダー』というネーミングに偽りなし! インパクトゾーンにかけてしっかりとしなり戻りが感じら...
2021/06/22クラブ試打 三者三様

プラチナム スピーダーを西川みさとが試打「ゼクシオと合いそう」

藤倉コンポジット「プラチナム スピーダー」の評価は!? 藤倉コンポジットが得意とする走り系のコンセプトを継承し、最先端のカーボン繊維で仕上げた2代目「プラチナム スピーダー」。初代2015年モデルはいまなお“軽硬”の代表モデルとして人気だが、さらにその上をゆく弾き感とフィーリングを生むという。そんな同社が誇る弾き系シャフトをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「本家『エボ』が扱えない人向き」 ―率直な印象は? 「ダウンスイング時に走っている感覚がものすごく伝わってきます。粘りも多少感じられましたが、走り系 or...
2021/06/19クラブ試打 三者三様

VENTUS BKを万振りマンが試打「硬すぎ難しすぎ」

藤倉コンポジット「VENTUS BK」の評価は!? 米国発の逆輸入モデルとして、国内でも人気が広まった藤倉コンポジット「VENTUS(ベンタス)」シリーズ。上陸第2弾となる「VENTUS BK(ブラック)」は、ロリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、ルーク・ドナルドらが使用する本格派プロユースだけに、アベレージゴルファーにはややハードな印象もあるが、果たしてその性能は!? ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系YouTuber・万振りマンの評価は!? 「振り切る前の跳ね方が印象的」 ―率直な印象は? 「走り系か粘り系かで言うと、走り系のモデルなのかなという印象です。...
2021/06/17クラブ試打 三者三様

VENTUS BKを筒康博が試打「すごくそのまんま」

藤倉コンポジット「VENTUS BK」の評価は!? 米国発の逆輸入モデルとして、国内でも人気が広まった藤倉コンポジット「VENTUS(ベンタス)」シリーズ。上陸第2弾となる「VENTUS BK(ブラック)」は、ロリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、ルーク・ドナルドらが使用する本格派プロユースだけに、アベレージゴルファーにはややハードな印象もあるが、果たしてその性能は!? ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「5Sでもハード… 負荷をかけた分しなる」 ―率直な印象は? 「シャフトの性能が低いという意味では決してなく、走る o...
2021/06/15クラブ試打 三者三様

VENTUS BKを西川みさとが試打「万振りマンさん用(笑)」

藤倉コンポジット「VENTUS BK」の評価は!? 米国発の逆輸入モデルとして、国内でも人気が広まった藤倉コンポジット「VENTUS(ベンタス)」シリーズ。上陸第2弾となる「VENTUS BK(ブラック)」は、ロリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、ルーク・ドナルドらが使用する本格派プロユースだけに、アベレージゴルファーにはややハードな印象もあるが、果たしてその性能は!? ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「手も足も出ないハードスペック!?」 ―率直な印象は? 「パワーヒッター向きなので、HS30m/s台の私...
2021/06/12クラブ試打 三者三様

レジオ フォーミュラ MB+を万振りマンが試打「ドラコン用に近い動き」

日本シャフト「NSプロ レジオ フォーミュラ MB+」の評価は!? 軽量スチールシャフトの雄・日本シャフト「NSプロ」から展開されているウッド用カーボンモデル「レジオ フォーミュラ」シリーズ。2014年の「M」を皮切りに、15年に「B」、16年に「MB」を発売。さらに飛距離性能を特化させた「M+」「B+」に進化し、ことし「MB+」が登場した。そんな「+」シリーズのトリを飾る最新モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系YouTuber・万振りマンの評価は!? 「全体のしなり量+走り感を強化」 ―率直な印象は? 「使用したモデルはTYPE55(硬さS)で、設定と...
2021/06/10クラブ試打 三者三様

レジオ フォーミュラ MB+を筒康博が試打「ヘッドを選ばない」

日本シャフト「NSプロ レジオ フォーミュラ MB+」の評価は!? 軽量スチールシャフトの雄・日本シャフト「NSプロ」から展開されているウッド用カーボンモデル「レジオ フォーミュラ」シリーズ。2014年の「M」を皮切りに、15年に「B」、16年に「MB」を発売。さらに飛距離性能を特化させた「M+」「B+」に進化し、ことし「MB+」が登場した。そんな「+」シリーズのトリを飾る最新モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「特徴がないのではなく、どれとでも合う」 ―率直な印象は? 「実は私の周りには、前作『MB』を使用してい...
2021/06/08クラブ試打 三者三様

レジオ フォーミュラ MB+を西川みさとが試打「走るし、粘るし」

日本シャフト「NSプロ レジオ フォーミュラ MB+」の評価は!? 軽量スチールシャフトの雄・日本シャフト「NSプロ」から展開されているウッド用カーボンモデル「レジオ フォーミュラ」シリーズ。2014年の「M」を皮切りに、15年に「B」、16年に「MB」を発売。さらに飛距離性能を特化させた「M+」「B+」に進化し、ことし「MB+」が登場した。そんな「+」シリーズのトリを飾る最新モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「いいとこ取りした不思議なシャフト」 ―率直な印象は? 「走り系なのか、粘り系なのか、はっ...
2021/06/05クラブ試打 三者三様

ボーケイ フォージド ウェッジを万振りマンが試打「イメージを乗せられる」

タイトリスト「ボーケイ フォージド ウェッジ」の評価は!? ツアーで圧倒的な支持を得るタイトリスト「ボーケイ」シリーズの日本専用モデル「ボーケイ フォージド ウェッジ」。フェース設計やソール形状のバリエーションを、国内のコースに適応するべく、緻密な設計を施した自信作となっている。そんな同社が誇るクラフトマン、ボブ・ボーケイ氏の最新モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系YouTuber・万振りマンの評価は!? 「スッと抜けるフィーリングは格別」 ―率直な印象は? 「スイング中に感じたのは、バウンスがきれいにスッと抜けてくれるフィーリングの良さです。振り心地...
2021/06/03クラブ試打 三者三様

ボーケイ フォージド ウェッジを筒康博が試打「ゲームチェンジャー」

タイトリスト「ボーケイ フォージド ウェッジ」の評価は!? ツアーで圧倒的な支持を得るタイトリスト「ボーケイ」シリーズの日本専用モデル「ボーケイ フォージド ウェッジ」。フェース設計やソール形状のバリエーションを、国内のコースに適応するべく、緻密な設計を施した自信作となっている。そんな同社が誇るクラフトマン、ボブ・ボーケイ氏の最新モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「衝撃的! ボーケイの完成形」 ―率直な印象は? 「日本人や、日本の芝に合わせた設計など、いろいろな情報を聞いてきたのですが、それよりも何より、打った際...
2021/06/01クラブ試打 三者三様

ボーケイ フォージド ウェッジを西川みさとが試打「サラッとした振り心地」

タイトリスト「ボーケイ フォージド ウェッジ」の評価は!? ツアーで圧倒的な支持を得るタイトリスト「ボーケイ」シリーズの日本専用モデル「ボーケイ フォージド ウェッジ」。フェース設計やソール形状のバリエーションを、国内のコースに適応するべく、緻密な設計を施した自信作となっている。そんな同社が誇るクラフトマン、ボブ・ボーケイ氏の最新モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「程よい軽さで扱いやすい」 ―率直な印象は? 「インパクトでのソールの抜け感が爽快で、全体的な重量感も程よい軽さで、とても振りやすいです...
2021/05/29クラブ試打 三者三様

ハイ・トウ ロウ ウェッジを万振りマンが試打「2度立ったロフト推奨」

テーラーメイド「ハイ・トウ ロウ ウェッジ」の評価は!? ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ、ジョン・ラームらが使用したテーラーメイド「ハイ・トウ(HI-TOE) ウェッジ」に、「ZTP-RAW」と呼ばれる既存モデルの溝より深く鋭いグルーブを搭載した「ハイ・トウ ロウ ウェッジ」。同社が誇る新たなスピン性能を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系YouTuber・万振りマンの評価は!? 「JAWSに匹敵する食いつき感」 ―率直な印象は? 「打感が非常にやわらかく、ボールがフェース面に食いつき、クラブの性能でスピンをかけてくれる感じがすごく強いです。全体的には...
2021/05/27クラブ試打 三者三様

ハイ・トウ ロウ ウェッジを筒康博が試打「距離感が作りやすい」

テーラーメイド「ハイ・トウ ロウ ウェッジ」の評価は!? ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ、ジョン・ラームらが使用したテーラーメイド「ハイ・トウ(HI-TOE) ウェッジ」に、「ZTP-RAW」と呼ばれる既存モデルの溝より深く鋭いグルーブを搭載した「ハイ・トウ ロウ ウェッジ」。同社が誇る新たなスピン性能を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「ボール初速が変わらない」 ―率直な印象は? 「スイングの振り幅に対して、ボール初速が変わらないと言いますか、いつも一定のスピード感で打ち出せるイメージがあります。ボール初速の...
2021/05/25クラブ試打 三者三様

ハイ・トウ ロウ ウェッジを西川みさとが試打「バンカーに強そう」

テーラーメイド「ハイ・トウ ロウ ウェッジ」の評価は!? かつてダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ、ジョン・ラームらが使用したテーラーメイド「ハイ・トウ(HI-TOE) ウェッジ」に、「ZTP-RAW」と呼ばれる、既存モデルの溝より深く鋭いグルーブを搭載した「ハイ・トウ ロウ ウェッジ」。同社が誇る新たなスピン性能を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「今後のウェッジの主流になるかも!?」 ―率直な印象は? 「ロフト違いの2本(50、56度)を試しました。50度は通常フェース、56度は全面に溝が入ったフ...
2021/05/22クラブ試打 三者三様

ラズルダズル CS-05Wを万振りマンが試打「普遍的な扱いやすさ」

ラズルダズル「CS-05 ウェッジ」の評価は!? 2015年に誕生したパーツブランド「ラズルダズル(RAZZLE DAZZLE)」。幅広ソールとハイバウンス、そしてソールのトウ側が削ぎ落とされた“CLAWING=かぎ爪”形状が、特徴的なウェッジの雄として、すでに多くのファンを獲得している。そんな新興メーカーの最新作「CS-05W ウェッジ」を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系YouTuber・万振りマンの評価は!? 「高さでボールを止めるウェッジ」 ―率直な印象は? 「予想以上に弾道の高さが出ていました。スピン性能も高いですが、基本的には高さでボールを止める...
2021/05/20クラブ試打 三者三様

ラズルダズル CS-05Wを筒康博が試打「誰も嫌わない設計」

ラズルダズル「CS-05W ウェッジ」の評価は!? 2015年に誕生したパーツブランド「ラズルダズル(RAZZLE DAZZLE)」。幅広ソールとハイバウンス、そしてソールのトウ側が削ぎ落とされた“CLAWING=かぎ爪”形状が、特徴的なウェッジの雄として、すでに多くのファンを獲得している。そんな新興メーカーの最新作「CS-05W ウェッジ」を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「トレンドとこだわりの融合」 ―率直な印象は? 「大手メーカーの名器のオマージュというわけではないですが、設計者の方がしっかりその要素を取り入れ...
2021/05/18クラブ試打 三者三様

ラズルダズル CS-05Wを西川みさとが試打「出っ歯好きなら顔◎」

ラズルダズル「CS-05W ウェッジ」の評価は!? 2015年に誕生したパーツブランド「ラズルダズル(RAZZLE DAZZLE)」。幅広ソールとハイバウンス、そしてソールのトウ側が削ぎ落とされた“CLAWING=かぎ爪”形状が、特徴的なウェッジの雄として、すでに多くのファンを獲得している。そんな新興メーカーの最新作「CS-05W ウェッジ」を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「一球目から違和感なく構えられる」 ―率直な印象は? 「『ラズルダズル』のクラブを初めて打ちましたが、見た目も性能もオールマイティ...