2015/09/12ネスレ日本マッチプレー

同級生対決に敗れ3回戦敗退 堀川未来夢が掲げた次の目標

北海道の恵庭カントリー倶楽部で開催されているツアー外競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」2日目。プロ1年目の堀川未来夢は午前に行われた2回戦で竹谷佳孝を2UP…
2015/09/12ネスレ日本マッチプレー

ネスレマッチプレー2回戦がティオフ 堀川は竹谷と対戦

降り注いだ雨はティオフ前にやみ、午前7時にトップの片山晋呉vs薗田峻輔戦がスタート。前日に石川遼との初戦を制した22歳の堀川未来夢は、午前7時30分から竹谷佳孝との2回戦に臨む。 大会はこの日、2回戦8マッチを終えた後、引き続き3回戦4マッチを実施。あす13日(日)に準決勝、決勝を行う。
2015/09/09ネスレ日本マッチプレー

ネスレ日本マッチプレー組み合わせ発表 ホスト片山は浅地、石川は堀川と激突

32人の日本男子選手が出場するツアー外競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」は11日(金)から3日間、北海道の恵庭カントリー倶楽部で開催される。9日(水)には札幌市内で前夜祭が華やかに行われ、会場で1回戦16マッチの組み合わせが発表された。 大会ホストプロの片山晋呉は1回戦で22歳の浅地洋佑を迎え撃つ。勝者は2回戦で薗田峻輔、藤本佳則の勝者と対戦。前年度覇者の松村道央は片岡大育と、昨季国内ツアー賞金王の小田孔明は初戦で冨山聡とぶつかる。 直前に出場が決まった米ツアーメンバーの石川遼は、プロ1年目の堀川未来夢と対決。そのほかの1回戦は谷口徹(47歳)vs重永...
2015/09/07ネスレ日本マッチプレー

石川遼が今週末の「ネスレ日本マッチプレー選手権」に出場

国内ゴルフ最高額の優勝賞金7000万円を争うツアー外競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」(9月11~13日、北海道・恵庭カントリー倶楽部)の主催者は7日、米ツアーを主戦場とする石川遼の出場を発表した。また石川のほか、矢野東、浅地洋佑、堀川未来夢ら3選手の出場が決定した。 石川の「ネスレ日本マッチプレー選手権」出場は、第1回大会だった昨年に続き2年連続2度目。同大会は全32人が出場し、1回戦から決勝まで最大5試合を勝ち抜きで争うマッチプレー形式の競技。昨年大会の石川は、1回戦で貞方章男に1ダウンで敗れている。 石川は8月末の米国男子プレーオフシリーズ第1戦...
2015/08/20ネスレ日本マッチプレー

「ネスレ日本マッチプレー」出場選手が決定 サタデープロアマ開催も

ネスレ日本株式会社は20日、都内で会見を開き、今年で2回目の開催となるツアー外競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」(9月11日~13日/北海道・恵庭カントリー倶楽部)の出場選手29人を発表した。 18ホールのマッチプレーで、大会招待の32選手が1回戦から決勝まで計5試合の勝ち抜き戦で争う。今回発表された招待選手は、国内男子ツアー賞金ランク上位者、シーズン前半戦の戦績を考慮し、若手選手へのチャンス付与(21世紀枠)など、同社の高岡浩三社長とホストプロの片山が選出した。未発表の残り3選手は、来週開催の「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」終了後に...
2015/06/30長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

北の大地で今季初戦 小田孔明は雪辱なるか

国内男子ツアー「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」は7月2日(木)から4日間にわたり、北海道千歳市のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催される。男女ツアーを通じて、今季初めて北海道が戦いの舞台となる。 前年大会は石川遼と小田孔明のプレーオフへともつれ込み、3ホール目をバーディとした石川が大会初優勝を飾った。石川と同じく米国ツアーを戦う松山英樹は17位タイで4日間を終えた。 今年は、ディフェンディングチャンピオンの石川、前年は米国ツアー初優勝後の“凱旋試合”となった松山は、そろって不在。変わって国内組が北の大地を盛り上げる。前年は惜敗を喫した小田、歴代優勝者の薗田峻輔、藤田寛之...
2015/06/23ISPSハンダグローバルカップ

全米OP翌週に海外メジャー覇者が参戦 日本勢の奮起は

国内男子ツアーの「ISPSハンダグローバルカップ」は25日(木)、山梨県のヴィンテージゴルフ倶楽部で開幕。今年度からの新規大会は海外からの招待選手で、ビッグネームがフィールドに名を連ねている。 かねて欧州男子ツアー、米女子ツアーなど海外でトーナメントを開催してきた一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)の主催大会。150人の出場選手の中で、特別招待された2011年「マスターズ」王者のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)、13年「全米プロゴルフ選手権」を制したジェイソン・ダフナー(米国)といったメジャーチャンピオンのほか、米ツアーで戦うイアン・ポールター(イングランド)、ジョン・センデン(...
2015/06/13タイランドオープン

岩田寛が「62」で98人抜き!首位キム・キョンテらに1打差3位

◇国内男子&ワンアジア共催◇シンハーコーポレーション タイランドオープン 2日目◇サイアムカントリークラブ プランテーションコース(タイ)◇7295yd(パー72) 首位と9打差の101位から出た岩田寛が、第2ラウンドで1イーグル、8バーディ「62」のビッグスコアをマークして、通算8アンダーとした。98人を抜き去って3位に立ち、首位に1打差と肉薄している。 2日目は、雷雲が接近した午後0時半から2時間45分間の中断。午後6時40分に日没のためサスペンデッドとなり、60人が未消化ホールを残した。大会3日目の13日(土)午前6時20分に再開予定だったが、再び雷雲接近により約3時間遅れでスタートした...
2015/06/09タイランドオープン

ワンアジアとの共催競技がタイで開幕 片山晋呉、池田勇太らが出場

国内男子ツアーとワンアジアツアーとの共催競技「シンハーコーポレーション タイランドオープン」が11日(木)から4日間に渡り、タイのサイアムカントリークラブ プランテーションコースで開催される。 2013年から国内ツアーに組み込まれた今大会。14年は開催国であるタイの情勢不安を理由に中止へと追い込まれ、今年は2年ぶり2回目の開催となる。 出場122人のうち、国内ツアーからはおよそ半数がエントリー。前年賞金王の小田孔明をはじめ、小平智、片山晋呉、宮里優作、山下和宏らがタイへと渡る。...
2015/06/05日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

宍戸ヒルズ:17番ホールはどれくらい難しい?

で回った竹谷佳孝は、左ラフからの2打目でピンを狙って池に入れてしまいダブルボギー。藤本佳則はティショットをOBしてトリプルボギーを献上した。 「ここはああいうのが本当によくあるコース。欲をかいたらダメですね」と小平はいう。宍戸では、コツコツと地道にやるのが好成績の鉄則だ。(茨城県笠間市/今岡涼太)
2015/06/04日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

選手コメント集/日本ツアー選手権森ビル杯初日

までなかった。コースが難し過ぎるので、スコアの目標なんてない。1ショット、1ショット、ベストを尽くすだけ。ちょっと貯金はできたけど、このコースはどうなるか分からないので、明日も丁寧にやります」 ■竹谷
2015/06/04日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

山下和宏が1差発進 首位にリャン・ウェンチョン

つけた8位グループには、ディフェンディングチャンピオンの竹谷佳孝、一昨年覇者の小平智のほか、Y.E.ヤン(韓国)、深堀圭一郎、今春に大学を卒業した22歳の堀川未来夢らが続いた。 池田勇太、谷口徹、川村
2015/06/03日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

亜斗夢効果で“アトム”とのコラボが実現

れている。※大会初日の4日(木)から各トーナメント会場で販売を開始。 第1弾としてキャラクター化されるのは、昨年賞金王の小田孔明をはじめ、藤田寛之、片山晋呉、池田勇太、谷原秀人、キム・ヒョンソン、竹谷
2015/06/03日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

5年連続で初優勝者が誕生か?山下和宏「波は来ている」

、13年:小平智、14年:竹谷佳孝という具合だ。 今年もその流れが続くのか?だとすれば、今季5戦中3度のトップ10入り(うち2位2回)を果たしている山下和宏に注目だろう。 この日、プロアマ戦に出場した
2015/06/01日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

ツアープレーヤーNo.1決定戦!今年も初優勝者が誕生か?

優勝賞金は3000万円。ビッグな賞金とともに、大会優勝者にはツアーの5年シードが与えられる。国内ツアープレーヤーNo.1を決める重要な一戦だ。 昨年大会を制したのは、ツアー初優勝となった竹谷佳孝。2日目…
2015/05/26~全英への道~ミズノオープン

上位4人に「全英」出場権 セントアンドリュースに立つのは?

国内男子ツアー「~全英への道~ミズノオープン」は5月28日(木)から4日間、岡山県のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催される。今大会の上位4人には、海外メジャーの今季第3戦「全英オープン」(7月16日~)への出場資格が付与(有資格者を含む場合は繰り下げ)。大会名称にもある“全英への道”をかけた争いに注目が集まる。 前年大会はジャン・ドンキュ(韓国)がツアー初優勝。3位タイまでに入ったジュビック・パグンサン(フィリピン)、キム・ヒョンテ(韓国)、近藤共弘の上位4人が「全英」出場資格を手にした。 全英オープンは今年、スコットランドのセントアンドリュースで開催される。ゴルフの聖地を踏むのは誰となるのか...