2019/09/26中国新聞ちゅーピーレディースカップ

小楠梨紗が単独首位 三浦桃香は4打差13位

あやめ、槇谷、東葵、スタイヤーノ梨々菜、ハン・スンジ(韓国)、スパマス・サンチャン(タイ)の5人が並んだ。 三浦桃香は首位と4打差の通算3アンダーで最終日を迎える。
2018/09/26フンドーキンレディース

21歳立浦葉由乃が首位 16歳アマが1打差の2位

発進を切った。1打差の2位に16歳のアマチュア水木春花、イ・ジンヨン(韓国)が続いた。 今年7月のプロテストに合格した河本結は槇谷、土肥功留美と3アンダーの4位に並んだ。賞金ランキング1位の上原美希は1オーバー29位になった。
2017/11/29

金田久美子が首位浮上 アン・シネは88位/女子最終QT

バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、通算7アンダーとして単独首位に立った。 権藤可恋と篠原まりあが通算6アンダーの2位。首位から出た槇谷、一ノ瀬優希、土田沙弥香が通算5アンダーの4位で続いた
2017/11/30

有村智恵、松森彩夏らが首位浮上/女子最終QT

・ジェウン(韓国)、竹内美雪、シード権を喪失した松森彩夏と首位に並び立った。競技は12月1日(金)までの4日間で行われる。 通算5アンダーの5位に豊永志帆、高橋恵、槇谷、一ノ瀬優希、篠原まりあの5人。4
2017/10/13うどん県レディース

東葵が単独首位 新垣比菜は3位発進/女子ステップ初日

単独首位に立った。1打差の2位に槇谷が続き、今年7月のプロテストに合格した新垣比菜は2アンダーの3位で上原美希と並んだ。 今季ステップアップツアーで3勝をあげている福山恵梨は3バーディ、2ボギーの
2017/10/05かねひで美やらびオープン

勝みなみが首位発進 1打差に新垣比菜ら/ステップ初日

みなみが4バーディ、1ボギーの「71」でプレー。1アンダーで、シーズン2勝を挙げている谷河枝里子と首位に並んでスタートした。 今年のプロテスト合格組の新垣比菜、田村亜矢のほか、槇谷、小林由枝の4人が
2017/10/07かねひで美やらびオープン

谷河枝里子が今季3勝目 勝みなみはプロ2勝目逃す

アンダーとして逆転で同ツアー今季3勝目を挙げた。 単独首位から出た勝みなみは「73」と落とし、通算2アンダー。立浦葉由乃と2位で並び、プロ2勝目は逃した。 通算イーブンパーの4位に福山恵梨、槇谷、与那覇未来の3人。新垣比菜は通算1オーバーの7位で終えた。
2017/07/05ECCレディス

石川明日香が首位発進/ステップアップ初日

明日香が4バーディ、ボギーなしの「68」でプレーして、4アンダー単独首位でスタートした。 首位と1打差、3アンダー2位に西山美希、2アンダー3位に木村彩子、竹山佳林、槇谷、新田彩乃の4人が並んだ。 前週
2017/05/24

女子下部第7戦・初日はホールアウトわずか12人

ラウンドはサスペンデッドとなった。 下部の賞金ランクでトップを走る福山恵梨と地元・広島県出身の槇谷がともに9ホールを終え、3アンダーで暫定首位。18ホールを終えた12人の中では、坂下莉翔子と足立
2016/09/21中国新聞ちゅーピーレディースカップ

小橋絵利子がプレーオフ制し今季2勝目/ステップアップツアー

(韓国)、野澤真央、槇谷、鎌田ヒロミ、谷河枝里子、松森杏佳の6人。初日に自己ベストスコアをマークして首位から出た荒井舞は1バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「75」とスコアを落とし、通算イーブンパーの14位に終わった。
2016/07/28カストロールレディース

「最高のパフォーマンス」山城奈々がステップアップ初優勝

ねじ込み勝利を掴んだ。この優勝で「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」(8/12~14)からのレギュラーツアー4試合の出場権を獲得した。 通算6アンダーの3位タイに小宮満莉花、加賀其真美、岸部桃子、山戸未夢、小林咲里奈の5人が並んだ。首位で出た槇谷は「75」と崩れ、16位タイに終わった。