2012/04/25サイエンスフィット

アプローチが楽しくなる3つの打ち方を極めよう

縮まれば、全体的なスコアも大きく縮まってきますよ。こうすれば、ティショットやセカンドショットで失敗しても、80ヤード以内を別のゲームとして新たに楽しめるし、ショートゲームが確実に上達しますよ。 レッスン
2014/11/05サイエンスフィット

オーバースイングの原因はココだ!

を超えるようなショットもあるはずです。女子プロ並みの飛びですよ!ただし、スライスしたときには、30ヤード近くも飛距離が落ちてしまい、落差が激しいようです。オーバースイングを気にされているようですが
2016/06/15今さら聞けないスイングの基礎

NGなグリップがなんと8割!アマチュアのグリップ調査白書

多く、ボールをダウンブローで打ち込むような意識が強い人に多く見られる形。フェースが過度に閉じた形になり、強く引っ掛けたり、ざっくりしたりするミスが多く、バンカーショットやアプローチなども苦手になる
2014/09/24サイエンスフィット

プロのアプローチを体感!

、低いスライスになる軌道ですね。ドライバーショットにも問題がありますが、今回は特にアプローチにフォーカスしてみましょう。 科学の目で原因解明! アウトサイドインのダウンブローだったドライバーの軌道
2012/06/27サイエンスフィット

ドライバーからパットまで通じるインパクトの新事実

サイエンスフィットでは、ショットに加えて、アプローチやパッティングの領域まで科学の目を広げ、トッププロのデータを蓄積しているが、彼らに共通するインパクトの新事実が浮かび上がっている。今回は
2010/07/21サイエンスフィット

スペシャル・ラウンドレッスン〔1〕 超シンプル・ティショット

さまざまな罠を避け、いかにスタジオで培ったスイングを崩さずに貫くか?これが、スペシャル・ラウンドレッスンの課題です。実際のコースで出現する、ホットなミスに対して、即座にアドバイスを重ねることにより、参加者は
2014/01/22河本&藤森のGOLF開眼物語

第3話 前傾角度キープで球まっすぐ!

さん、「オリエンタルラジオ」藤森さん、それぞれミスの傾向は両極端。河本さんは右へのスライス、藤森さんは左への引っかけ。どちらも多くのアマチュアを悩ますミスショットの傾向に当てはまる。では、ボールが曲がる
2013/01/16サイエンスフィット

緩やかに上げれば緩やかに下りる!

真骨頂。今回は、80台でラウンドする上級者だが、インパクトが鋭角的に入り、ダウンブローがきつくなることいよって、ショットが乱れている方が登場。では、テークバックに一体どんな問題があるのか?その原因を究明
2015/02/04サイエンスフィット

スライスをすぐ直すルーティン

ショットで何が原因だったのか、突き止められません。どこにミスがあったのか、明確にするためにも、常に同じグリップを一定にしたいと思いませんか? ソールする前からグリップを決めましょう! セットアップもスイング
2013/12/25サイエンスフィット

距離で頭を切り替えるパット術

。パッティングが苦手な人は、ストロークの改善以前に、距離によってアタマを切り替えることが最も肝心です。意識を向けるところを明確に切り替えることで、パットの精度が高まっていくはずです! ◆このレッスン
2012/05/16サイエンスフィット

15年間で染み付いた悪癖を打破する意識改革!!

ゴルフ暦15年という今回の受講者は、ダウンスイングでクラブがかなり外から降りてしまっていることを最近初めて知ったそうだ。ドライバーはフェード系だが、やはり大きく右に曲がるミスが多く、アプローチも
2012/02/08サイエンスフィット

ミドルアイアンが苦手なワケは??

悩みはミドルアイアンのミスショットに自信を増してはいるが、ミドルアイアンの右へのミスが自分では突き止められない状態に… ◆サイエンスフィット・ゴルフスクール自由が丘校オープン!無料体験実施中 今回の
2012/07/04サイエンスフィット

良いところを見つけて全体に活かせ!

なって、理想的なテークバックができているんです。そして、クラブはインサイドから降りてきて、すくい上げる動きもなく、ダウンブローで打てています。だからダフッたり、トップしたりという、大きなミスも出にくい
2011/03/02サイエンスフィット

SFアカデミーの全貌 ラウンドレッスン・ショット編

ショットは、まさに極端なインテンショナル・スライスの構えです。フェースをターゲットに合わせたら、そのフェースに合わせてスタンスを大きく開き、スタンスの方向に振り抜くだけ。ありがちなミスは、ターゲット
2013/02/20サイエンスフィット

小柄な女性なのになぜ飛ぶの??

ます。ただ、このローリングが強くなると、ミスショットにつながります。フェアウェイウッドが苦手なのは、そのせいだと思いますし、その点を少し改善していきましょう。 クラブが寝る癖が問題です プロのスイングで
2011/02/08サイエンスフィット

サイエンスフィット・アカデミーの全貌 アプローチ編

を返すようなスイングでした。この癖は、当然振り幅の小さいショートアプローチにも、大きく影響します。特に、インサイドアウト軌道が強い人は、手前から入るミスが多く、バンカーショットなども苦手になります