2024/05/19全米プロゴルフ選手権

2024年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

・ブラッドリー 1 12:45 1:45 ブルックス・ケプカテイラー・ムーアアーロン・ライ 1 12:56 1:56 マットウォレス松山英樹ロバート・マッキンタイア 1 13:07 2:07 トニー…
2024/05/04米国男子

蝉川泰果4打差9位、久常涼も週末へ 16歳アマが予選通過

、通算14アンダーの単独首位に浮上した。ことし2月「メキシコオープン」に続くツアー2勝目を目指して決勝ラウンドに臨む。 1打差の2位にツアー3勝目を狙うトロイ・メリットと、同2勝目のかかるマットウォレス
2024/05/03米国男子

蝉川泰果「64」で暫定2位スタート 久常涼は出遅れる

となり、9人がホールアウトできなかった。「63」でプレーしたマットウォレス(イングランド)が8アンダーの暫定首位に立ち、後続に1打差をつけている。 推薦で今季5試合目の米ツアー出場となる蝉川泰果は
2024/02/06PGAツアーオリジナル

ウィンダム・クラークの優勝をアシストしたAI製パター

パッティングストロークに合うように作られている。 最近、クラークはパッティングのヘッドインストラクターであり、ニコライ・ホイゴーやマットウォレスといったPGAツアーの選手たちを見ているパッティングコーチの
2023/11/20欧州男子

ニコライ・ホイゴーが最終戦を制す 久常涼に来季米ツアー出場権

は17位で終了。トップ10に付与される来季の米国男子ツアー出場権(有資格者を除く)を最後の10番目で手にした。 通算19アンダーの2位に今季米国ツアー年間王者のビクトル・ホブラン(ノルウェー)、トミー・フリートウッド、首位スタートから逆転を許したマットウォレス(ともにイングランド)が続いた。
2023/08/29欧州男子

日本勢は5人出場 川村昌弘が1カ月ぶりの復帰戦

する。昨年はスリストン・ローレンス(南アフリカ)が通算18アンダーで並んだマットウォレス(イングランド)とのプレーオフを制し、ツアー2勝目を挙げ、現在は同4勝でディフェンディング王者として出場する
2023/08/28欧州男子

イングランドのクレメンツが初優勝 久常涼は14位

を3回重ねる9バーディ「63」をマークし、通算22アンダーとして逆転でツアー初勝利を挙げた。 首位からスタートしたマットウォレス(イングランド)は「67」で回ったが、通算21アンダーで1打及ばず単独
2023/08/27欧州男子

久常涼は5位で最終日へ 初タイトルへ3打差を追う

首位を追走。1打目を池に入れた16番(パー3)をボギーとしたが、直後の17番では5mを決めるバウンスバックで優勝戦線に踏みとどまった。 通算16アンダーのマットウォレス(イングランド)とサミ・バリマキ(フィンランド)が首位を並走。通算15アンダーの3位にニコライ・ホイゴー(デンマーク)がつけている。
2023/07/17全英オープン

「全英オープン」出場選手&資格

ゲート 会場:ウェストランカシャー カイル・バーカー、タイガー・クリステンセン(アマ)、アレックス・フィッツパトリック、マシュー・ジョーダン、マットウォレス
2023/06/02米国男子

松山英樹と比嘉一貴は33位発進 ライリー首位

アンダー単独首位で滑り出した。 4アンダーの2位に同じく今季1勝のマットウォレス(イングランド)。3アンダーの3位に、いずれもメジャー覇者のジョーダン・スピース、ダニー・ウィレット(イングランド
2023/03/26米国男子

ニコライ・ホイゴーとサム・スティーブンスが初優勝へ首位並走

史上初となる兄弟で2週連続優勝を飾ったこともある。 首位スタートのマットウォレス(イングランド)は「70」と伸ばしきれず、通算13アンダー。ウィンダム・クラーク、タイラー・ダンカン、トーマス・デトリー(ベルギー)と同じ3位グループに後退した。
2023/03/25米国男子

ウォレス単独首位 バティアが「63」で4位浮上

週大会は、1打差3位から出たマットウォレス(イングランド)がボギーなしの6バーディ「66」で回り、通算11アンダー単独首位に浮上した。 1打差2位のウィンダム・クラーク、サム・スティーブンスとツアー
2023/03/24米国男子

ガーネットとマーティンが首位発進

で開幕。いずれもツアー1勝のブライス・ガーネットとベン・マーティンが「66」でプレーし、6アンダー首位タイで滑り出した。 5アンダー3位にマットウォレス(イングランド)。4アンダー4位にショーン