2013/11/15アジアン

ジャンワタノンドら3人が首位、1打差に4人

つ伸ばして通算11アンダーとすると、地元フィリピンのアンジェロ・キューとリチャード・リー(カナダ)も並び3人が首位となった。 1打差の通算10アンダー4位には、プロム・ミーサワット(タイ)、カルロス…
2015/08/10米国男子

プレーオフを制し、ヘンリーがツアー3勝目

進出に1打足りない通算46ポイントの3位にパトリックロジャース、通算43ポイントの4位にアンドレス・ゴンザレス、通算42ポイントの5位にデビッド・トムズが続いた。 (※)ポイント配分 アルバトロス:+8、イーグル:+5、バーディ:+2、パー:0、ボギー:-1、ダブルボギー以下:-3
2017/07/19米国男子

「全英オープン」の裏開催 石川遼&岩田寛が出場

、石川は一昨年に4日間60台を出して23位。昨年出場した岩田寛は62位だった。 石川はフェデックスカップポイントランク168位、岩田は同ランク195位。125位までに付与される来季シードに向けて上位進出が求められる。ジム・フューリック、前週1打差で惜敗のパトリックロジャースらがライバルになる。
2019/11/20米国男子

2019年の米ツアー最終戦に小平智が出場

開催で4人の初優勝者が誕生。前年にプレーオフで敗れたパトリックロジャースも、初優勝にあと一歩まで迫った。 思わぬ伏兵がタイトルを重ねてきた大会で、今年はマット・クーチャー、ウェブ・シンプソン、ザック
2022/03/10米国男子

松山英樹がスタート前に棄権 首から肩甲骨にかけて痛み

、今週は事前練習日から連日、ツアーのトレーラーでカイロプラクティックのケアを受けていた。 松山に代わり、待機選手のパトリックロジャースが繰り上がりで出場した。(フロリダ州ポンテペドラビーチ/亀山泰宏)
2023/07/22米国男子

久常涼が112位から15位に急浮上 川村と小平は予選落ち

目、3位で出たライアン・ジェラルドが7バーディ、ボギーなしの「64」で回って14ポイントを獲得し、通算30ポイントとして単独首位に立った。 パトリックロジャースが通算26ポイントの2位、ビンセント
2022/11/21米国男子

アダム・スベンソンがツアー初優勝 ティーガラら2位

に入った。 ともに首位で出たパトリックロジャースが「70」で通算14アンダー10位、ベン・マーティンが「72」と落として通算12アンダー21位だった。 ジャスティン・ローズ(イングランド)は通算11アンダー29位で終えた。
2024/04/21米国男子

シェフラーが圧巻“63”で首位浮上 「マスターズ」から2連勝へ

最終組対決で敗れたコリン・モリカワは首位タイスタートから14アンダー3位に後退。マスターズ2位のルドビグ・オーベリ(スウェーデン)がパトリックロジャース、サヒス・ティーガラと並ぶ13アンダー4位で続いた。 ロリー・マキロイ(北アイルランド)、ザンダー・シャウフェレが10アンダー12位となった。
2019/02/16米国男子

松山英樹と小平智は出遅れ スピースが首位と1打差

ラウンドは、日没順延となった。ホールアウトした選手はいなかった。12ホールを回ったジョーダン・スピースと14ホールを終えたカン・スン(韓国)が5アンダーで暫定トップに立つ。 パトリックロジャース(13…
2018/02/11米国男子

テッド・ポッターJrが「62」 DJと並び首位浮上

スティーブ・ストリッカーと、パトリックロジャース、ジョン・ラーム(スペイン)の3人がつけた。 ディフェンディングチャンピオンのジョーダン・スピースは、通算7アンダーの16位。米ツアー今季初出場のロリー・マキロイ(北アイルランド)は通算1アンダーで予選カットラインに2打届かず、最終日には進めなかった。
2023/11/30欧州男子

桂川有人が日本勢最高9位発進 星野陸也17位

ナショナルオープンが開幕。レイクスGCを「63」でプレーしたキャメロン・デービス(オーストラリア)が9アンダーをマークし、母国のビッグタイトルに向けて単独首位で飛び出した。 8アンダーの2位にパトリック