最近のニュース 新着一覧≫


2017/08/24サイエンスフィット レッスン

ドライバーの左足体重に要注意!

ドライバーのアドレスで、過度の左足体重になってしまうケースが多いのもその1つ。本人は、左右均等に立っているつもりでも、7割近く左足に乗っていることもあります。今回は、左足体重が引き起こすいろいろな弊害や
2017/07/09女子プロレスキュー!

ドライバーでも「ダウンブロー」でOK 加賀其真美

“方向性アップ”をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーNさんの悩み】 「狭いホールでも自信をもってドライバーを使いたいです。飛距離を落とさず方向性を高めるにはどうしたら良いでしょうか?」 【加賀其
2019/01/29サイエンスフィット レッスン

大きな難関!手首のフリップを改善(スイングレベル3 前編)

インパクトを迎えることができるのです。前編・後編にわたって、そのメカニズムやさまざまな練習法について、じっくりご紹介しましょう! 受講者の悩み 「アイアンはそこそこ飛ぶのですが、ドライバーが全然飛ばない
2019/04/18サイエンスフィット レッスン

あなたはどっち?2つのアームローテーション法(前編)

引っ掛けが出て、タイミングを合わせるのがとても難しくなります。まずは、左腕がしっかり内旋できているか確かめることが必要です。 「ダウンスイングでクラブが寝てしまわないように試行錯誤していますが、ドライバー
2019/03/28サイエンスフィット レッスン

プロを目指すためのスイング調整法(スイングレベル5 後編)

好調なので、この部分を改善できれば、もっと安定して好成績を出せると考えています。ドライバーの飛距離が自分の強みなので、これを生かして安定性を高めたいですね」(遠藤璃乃さん 平均スコア70台前半
2018/12/27サイエンスフィット レッスン

スライスを完全に撲滅!(スイングレベル2 後編)

。100をコンスタントに切れない、レベル2ができていない人は、アウトサイド・アタックのダウンブローかアッパーブローになっています。 大久保さんは、インサイド・アタックになっていますが、ドライバー
2019/01/31サイエンスフィット レッスン

大きな難関!手首のフリップを改善(スイングレベル3 後編)

レベル3は、クラブの扱い方の本質に迫る大きな壁なので、今回ご紹介するドリルを通じて、是非とも身につけて欲しいですね。 受講者の悩み 「アイアンはそこそこ飛ぶのですが、ドライバーが全然飛ばないのが悩みです
2018/10/25サイエンスフィット レッスン

プロのスイングに迫る!5ステップメソッド始動

からなかなか抜け出せないものです。スコア以外にも、自分のスイングの壁を知る目安があるので、ここに列挙しておきましょう。 レベル1の壁 ・ドライバーがうまく当たらない ・打球の方向が定まらない ・右に
2018/12/20サイエンスフィット レッスン

スライスを完全に撲滅!(スイングレベル2 前編)

ドライバーでダウンブローになるのは、テークバックでスイング軸が左足側に傾きリバースして、そのまま体が突っ込むように打っているからです。スイング軸が左に傾くと、ダウンスイングで体がそのまま突っ込んだり、逆
2018/09/20サイエンスフィット レッスン

ヒップは回すのではなく押す!引っかけ撲滅の秘訣【前編】

つけて欲しいポイントです。 「ドライバーが引っかかるのが気になっています。ショートアイアンでも、しっかり打とうとすると、引っかかるミスが出てしまいます。ドライバーは、いつも振り抜けない感じが残り
2018/10/18サイエンスフィット レッスン

初級者が陥るスライスの典型例を瞬時に改善!

の悩み 「ドライバーはかなりスライスして、思うようにボールを飛ばすことができず悩んでいます。スライスは、ゴルフを始めた当初からずっと続いていて、自分にはゴルフの才能がないんだと、半ば諦めているところも
2018/09/27サイエンスフィット レッスン

ヒップは回すのではなく押す!引っかけ撲滅の秘訣【後編】

回らず、左足方向にスライドしたり、左のつま先方向に突き出したりしてしまいます。その違いは、左のお尻の使い方にあるのです! 受講者の悩み 「ドライバーが引っかかるのが気になっています。ショートアイアンで
2018/08/23サイエンスフィット レッスン

ショートアイアンがまったく飛ばない理由【前編】

、フェースターンに誤ったイメージを持っていると考えられます。さて、今回の受講者はどちらに当てはまるでしょう? 受講者の悩み 「ドライバーはフェード系で安定していますが、ショートアイアンとパッティングに悩ん
2019/04/19すぐ試したくなる

【第2回】飛距離UPはグリップエンドを意識する

全米ゴルフレッスン市場の25%以上を占めるGOLFTEC(ゴルフテック)のレッスンを、特別にワンポイントずつご紹介していきます。今回のテーマは前回に続き、ドライバーの飛距離アップ。第1回では「右膝の
2019/02/13女子プロレスキュー!

強風対策!低く抑えたFWのティショット エイミー・コガ

】 アゲンストでは、ドライバーより3Wなどのフェアウェイウッド(以下FW)で、ボールの高さを抑えて打っていきます。その時に意識しているポイントは、インパクトからフォローにかけての動きです。インパクト直後の
2018/08/30サイエンスフィット レッスン

ショートアイアンがまったく飛ばない理由【後編】

ドライバーはフェード系で安定していますが、ショートアイアンとパッティングに悩んでいます。ショートアイアンは特に9番以下が飛ばず、右に抜けてしまうミスもあります。パッティングは、振り幅に対する転がりが