2012/09/14ギアニュース

ライダーカップのロゴ入り『プロジェクトX』

トゥルーテンパースポーツは2012年9月末、2年に1度開催される「アメリカ」VS「ヨーロッパ」の団体戦、「2012ライダーカップ」(2012年9月28日~)を記念した『プロジェクトXアイアンシリーズ』を発売する。1927年から開催される伝統ある同大会には、『プ…
2016/08/24ツアーギアトレンド

石川遼 米ツアー復帰へ「モーダス」を投入

プラス プロトタイプ』(硬さ:X)を投入する。石川は長く米国トゥルーテンパー社のシャフトを使用してきたが、復帰初戦で予選落ちを喫した7月の「日本プロ選手権」後、すぐに切り替えたという。 関係者の説明だ
2009/02/17ギアニュース

アイアンのリシャフトを考えているなら・・・

トゥルーテンパーは、昨年10月から日本先行発売した新軽量スチールシャフト『GS95』の試打会を3月に首都圏、4月に関西地区で開催する。 『GS95』は、""やさしく攻める""をキーワードに、様々な
2012/07/04ギアニュース

ターゲット層が拡大した最近のシャフト事情

トゥルーテンパー、日本シャフトの合計6メーカーが集まったイベントに潜入取材を試みた。 参加した人にインタビューをしてみると、「気になっていたシャフトが試すことができた」「メーカーごとの違いがわかって
2015/11/20中古ギア情報

バッバの“ピンクドライバー”は手に入るのか?

。現在使っているのは、『ピン G30 ドライバー』。ヘッドだけでなくシャフトもピンク、トゥルーテンパーのバイ・メトリックスという先端がスチールになっているハードヒッター仕様のシャフトが入っている。長さは
2011/08/03ギアニュース

PING ANSERシリーズからウェッジ、パターが登場

、スチールシャフトには低弾道でスピンがかかりやすい、手元側がくびれたトゥルーテンパーのDG SPINNERがラインナップされているのも魅力だ。価格はスチールが19,950円、カーボンが23,100円、発売
2013/12/20中古ギア情報

アイアンシャフトは漁夫の利作戦でゲット

度と人気が無いと、メーカーも採用しにくい。ということになると、スチールシャフトはトゥルーテンパー社のダイナミックゴールドという重めのスチールと日本シャフトのNS950という軽量スチールが主流となる
2016/11/18ギアニュース

アンサーパター 誕生50周年記念の限定モデル

の「アランモデル」の2種類。当時の製造方法を忠実に再現し、ヘッドは砂型鋳造法を採用。シャフトはトゥルーテンパー社製のステップシャフト、グリップはGolf Pride社製のPP58を使用。グリップテープ
2012/07/01シャフト選び

リシャフトすればスコアは変わる!

トゥルーテンパー PROJECT X BLACK ※この記事で掲載しているキックポイントの表記は、監修である関雅史氏の感性で決めたものになり、メーカー公表値とは異なる場合がございます。メーカー公表値を