2020/04/30サイエンスフィット レッスン

プロ・アマ比較/スイング動作の決定的な違い【ヒップ編】

て返そうとすれば、チーピンにもなります。まっすぐ飛ばすには、インパクト付近でのタイミング合わせが必要となり、それをいつも好調に保つのはとても困難です。 右のお尻を真後ろに押すテークバックができたなら
2019/04/25サイエンスフィット レッスン

あなたはどっち?2つのアームローテーション法(後編)

なるのが、腰の正しい回転です。プッシュアウトとチーピンに悩む中上級者の方に多いのは、腰が回転せず、飛球線方向や右前方へスライドしてしまうケースです。この場合、腕を振り抜くスペースが塞がれてしまうので
2019/03/28サイエンスフィット レッスン

プロを目指すためのスイング調整法(スイングレベル5 後編)

、ドラコン大会「L-1グランプリ2017」で294yd飛ばしてレディス部門優勝) 腰のキレを損なわないこと! レベル4の壁に突き当たっている人は、プッシュアウトとチーピンに悩まされます。腰のキレが良くなると
2016/06/23サイエンスフィット レッスン

ショートアプローチはロングパットのイメージで

の違いに気づけば、アプローチの苦手意識は、すぐに、今日からでも改善できるものなのです。 【今回の受講者のお悩み】 「以前は、チーピンに悩まされていたんですが、それを克服して、今はフェード系になってい
2019/02/06女子プロレスキュー!

ねじれば飛ばせる飛距離アップ練習法 エイミー・コガ

二つ目は、壁の前で両手をつき、下半身だけでスイング中の動きを再現する練習法です。切り返し以降、上半身と下半身が一緒に回ってしまうとチーピンや引っかけのミスに…。ねじる動きを覚えて、インパクトで上体を
2018/10/25サイエンスフィット レッスン

プロのスイングに迫る!5ステップメソッド始動

ないことが理想です。骨盤の動きは、左のお尻を真後ろに強く動かすこと。それと同時に、左腕を外旋させます。80台をコンスタントに切れず、プッシュアウトとチーピンを繰り返す上級者が多いのは、レベル4の動きが
2018/04/08女子プロレスキュー!

ドローを打つための左ひじの使い方 岡村優

フェースの開閉を抑えることがポイントです。インパクトでフェースが開けば、ボールがつかまらずスライスに。シャフトが寝て入るとプッシュ。それを嫌がってフェースを返せばチーピンになってしまいます。 1. 左
2017/11/20ミスショット レッスン

トラック野郎で「引っかけ」てやろう!

迎え、距離の出る「ドローボール」が打ててしまいますのでご注意ください(笑)。 (次回は、「チーピン」の打ち方をレッスン!) 取材協力/ゴルフ5カントリーオークビレッヂ 吉本 巧(ヨシモト・タクミ
2017/05/25サイエンスフィット レッスン

開きすぎたフェースは絶対に戻せない!

わざわざ難しくしてしまいます。テークバックで脱線した先に、目指すゴールはないのです。 受講者の悩み 「ドライバーは、つかまらないことが多いのですが、時折チーピンもでます。アイアンの距離感も不安定で
2015/05/27サイエンスフィット レッスン

トップで左手首が折れる本当の理由

、スライスを直そうとすると、時折チーピンが出てしまうという悩みを持つ方が登場。ちょっとしたポイントで、左手首を折らないようにしなくても、折れなくなりました! 【今回の受講者のお悩み】 「ドライバーの
2015/08/05サイエンスフィット レッスン

体が回っていないのにオーバースイング!?

れるはずなのです。今回は、チーピンが出たり、球筋も散ってしまうことに悩む方が登場。ゴルフを始めて、3年で70台をマークした、優れたセンスの持ち主なのですが、今回のレッスンでスイングを改善して、もう
2017/10/20ミスショット レッスン

4種類の「スライス」を把握せよ!

」「フック」「チーピン」…アベレージゴルファーを悩ますテーマをあえて狙って打てるほど理解してもらう“逆説型”レッスンが幕を開ける。 「スライスは、大きく分けて4種類あります」 この“逆説型”レッスンで
2012/09/05サイエンスフィット

コースで乱れる生のミスショットを徹底検証!

クローズアップしましょう。 突然のチーピンはフェースの向きを疑え! 普段どおりのスイングが出来ていれば、絶対こんなショットはありえないということが、コースでは平気で現れます。突然のチーピン
2017/05/07女子プロレスキュー!

調子の波を抑えるには? 大山亜由美

“不調なときの対処法”をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーDさんの悩み】 「ドライバーが突如不調になってしまうことが多く、ゴルフになりません。チョロにチーピンにダフリ、一度出てしまうと焦って何度も
2019/08/01サイエンスフィット レッスン

球筋を安定させるためのナチュラルグリップ(後編)

合わせようとすれば、フェースを戻しきれず、プッシュアウトが多くなります。時折、返しすぎてチーピンにもなり、弾道がとっても不安定になるのです。実は、こうした壁に突き当たっている上級者が、非常に多いのです
2014/04/16サイエンスフィット

Aゾーンに行こう!(後編)

、手元が浮いてしまうのです。急にフェースが返ったり、返せなかったり・・・。スライスは脱したけど、今度はチーピンと右プッシュを行ったり来たりする状況に陥ります。 お尻が前に出て手元が浮く とにかく
2016/02/18サイエンスフィット レッスン

コースで陥りやすいミスを撲滅!(後編)

プッシュアウトしてしまったりすると、右に出る恐怖心に支配されてしまいますよね。そして、なんとかつかまえようとして、手をこねてチーピンになったり、スタンスが逃げて余計にスライスが強まったりしてしまいがち