2020/08/09全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

.ポストン 1 7:30 23:30 エリック・ファンローエンマット・ウォレス 1 7:40 23:40 ダニー・リーロバート・マッキンタイア 1 7:50 23:50 アダム・ロングバッバ・ワトソン
2020/08/03全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロゴルフ選手権」出場選手一覧

アン・ビョンフン アブラム・アンセル マイク・オーターソン ダニー・バリン アレックス・ビーチ リッチ・ビーム リッチ・バーバリアンJr ダニエル・バーガー ジャスティン・バーチュ クリスティアン
2020/07/29ヨーロピアンツアー公式

「ヒーローオープン」で知っておくべき5つのこと

打差の2位に入るなど、2年連続で優勝争いに絡んだ。このほか歴代王者には、パーウルリク・ヨハンソン、リー・ウェストウッド、そして大会3勝のダレンクラークも含まれる。 再びフォレスト・オブ・アーデンへ
2020/07/28ヨーロピアンツアー公式

18年前の「イングランドオープン」 前回大会を振り返る

た。 フォレスト・オブ・アーデンで開催されたその週の大会では、ダレンクラーク(北アイルランド)が大会史上初の3勝目を挙げて歴史に名を刻んだ。その後、「全英オープン」王者となり、「ライダーカップ」で
2020/04/27ヨーロピアンツアー公式

全米OPビブスも 欧州キャディらオークションで支援

にわたるキャリアの中でセベ・バレステロス、トーマス・ビヨーン、ゴードン・ブランドJr.、ダレンクラーク、セルヒオ・ガルシア、リー・ウェストウッドといった欧州ゴルフ界の偉大なる選手たちのバッグを担いでき
2020/03/19ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝アイルランド人選手は?

ダレンクラーク ダレンクラークの栄光の経歴には、2011年「全英オープン」制覇を含むヨーロピアンツアー14勝、公式世界ゴルフランキング最高8位、そして2016年「ライダーカップ」欧…
2020/02/26ヨーロピアンツアー公式

「オマーンオープン」について知っておくべき5つのこと

クラレットジャグを掲げたダレンクラークとともに第1組でプレーした。 「昨年『全英オープン』を除けば、『オマーンオープン』が僕にとって初めて出場するヨーロピアンツアーの大会となりますので、楽しみにしています」と
2020/01/08ヨーロピアンツアー公式

「南アフリカオープン」について知っておくべき5つのこと

のは13回。メジャー王者のルイ・ウーストハイゼン、アーニー・エルス、トレバー・イメルマン、そしてレティーフ・グーセンは、それぞれ少なくとも1回ずつ大会制覇を遂げており、更には、ティム・クラーク
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

4大会のうち3大会以上を制した選手として、タイガー・ウッズとダスティン・ジョンソンの仲間入りを果たした。 また、2016年以来となるヨーロピアンツアー14勝目を挙げたことで、ダレンクラークの待つ
2019/10/19ザ・CJカップ

J.トーマス、D.リーが首位 松山英樹は15位

ダニー・リー(ニュージーランド)と並んで通算15アンダーの首位に立った。好相性の地で今季初優勝に向けて最終日を迎える。 3打差の3位にキャメロン・スミス(オーストラリア)。通算11アンダー4位にジョーダン
2019/09/04ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」で知っておくべき5つのこと

・ファルド、リー・ウェストウッド、レティーフ・グーセン、ダレンクラーク、そしてコリン・モンゴメリーと、錚々たる顔ぶれが並んでいる。 なかでもヨーロピアンツアー31勝のモンゴメリーは、ザKクラブで開催されたこの大会で、その最…
2019/08/13ヨーロピアンツアー公式

「D+Dレアル チェコマスターズ」で知っておくべき5つのこと

GRにてピータースがヨーロピアンツアー初制覇を遂げ、さらにタイトル防衛のかかった16年には2位に入った。このパフォーマンスにより、16年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのダレンクラーク
2019/07/19全英オープン

地元の重圧/カメラマン和田「今日の1枚」

れていたロリー・マキロイは出だしからOBを打って優勝争いから離脱してしまったが、彼とは正反対に観客を盛り上げた選手がいた。 その男の名はダレンクラーク。 大声援を受け1組目でスタートした彼は
2019/07/18全英オープン

68年ぶり地元開催 マキロイは「現実ではないみたい」

最初の思い出だとロリー・マキロイ(北アイルランド)はいう。10歳の誕生日には、父親がロイヤルポートラッシュでのプレーをプレゼントしてくれた。その日初めてダレンクラーク(北アイルランド)にも会ったという
2019/07/16小林至のゴルフ余聞

北アイルランドの歴史と経済、そしてスポーツの祭典

。平和の時代に入ってから、アイルランド島出身選手の活躍も目覚ましく、メジャー優勝者だけでも、北からはダレンクラーク、グレーム・マクドウェル、ロリー・マキロイ、共和国からはパドレイグ・ハリントンとスター