2002/03/27

優勝者のクラブ(C.パークス、L.ディアス)

) ウェッジ:テーラーメイド300フォージド(PW) &クリーブランド900フォーム・フォージド(SW、LW) パター:スコッティ・キャメロンbyタイトリスト・プロトタイプ ボール:タイトリスト・プロV1
2002/07/24

優勝者のクラブ(E.エルス、金美賢)

タイトリスト プロV1 ◇金美賢:米国女子ツアー「ジャイアントイーグルLPGAクラシック」優勝 ドライバー:ピン TiSIテック (5.5度) ウッド :ピン TiSIテック (3、5、7番) アイアン
2002/06/12

優勝者(C.スミス、F.ゼラー)のクラブ

:スコッティ・キャメロンbyタイトリスト・ニューポート・ツアー350 ボール:タイトリスト・プロV1スター ◇ファジー・ゼラー:シニアPGAメジャー「全米シニアプロ選手権」優勝 ドライバー
2002/01/18

鍛造か鋳造か----論争再び

もすべてのアイアンが鋳造だ。タイトリストのDCIシリーズもすべて鋳造で、唯一の鍛造ブレードは特注ベースで販売されるのみ。テイラーメイドの3種のアイアンのうち2種は鋳造で、残る一種は鍛造モデルだが供給量
2002/04/24

優勝者(J.レナード、C.カー)のクラブ

タイトリスト・プロトタイプ ボール:プリセプト・ツアー・プレミアムLS クリスティ・カー:LPGAツアー「ロングスドラッグ・チャンレンジ」優勝 ドライバー:キャロウィ・ビッグバーサ(8度) ウッド:ピンi
2001/12/20

最新ギア情報 from USA

ミズノのアイアンがタイトリストを抑えトップ 2001年の用品市場で興味深いのはPGAツアーにおけるアイアンの使用率で、ミズノがタイトリストを上回ったということだ。全試合の全選手を調査した(ゴルフ
2001/08/02

欧州、米国ツアーを震撼させる日本製シャフト

、バッグに入れていた選手はは30人以上いた。グラファイトデザインはタイトリストと共同でスチールとグラファイトの組み合わせによるGATシャフトを新たに開発した。 タイトリストは消費者に高く評価されうる
2002/05/07

アクシネットも「ゴルフ見本市」から撤退?!

昨年の「全米ゴルフ見本市」開催時に、来年からの参加はしないと「PING」が発表し話題となったが、タイトリストやコブラ、フットジョイを傘下に持つ、アクシネット社も来年の参加は見送ると発表した
2001/12/18

2001年は糸巻きボールを明確に葬った年だった

考え方では、液体、または固体の小さな中心核にゴムの糸を巻き付けた大きなコアをもつボールのことである。PGAツアーではタイトリスト・プロフェッショナルという糸巻きが1990年代の人気ボールだった。2000
2002/01/25

2002 PGA マーチャンダイスショー 新製品リポート

ていく様子だ。 W.ウイライン氏(タイトリスト:アクシネット社長)「タイトリストはトーナメントでドライバーのナンバー2、アイアンも上位、パターは1位、ウェッジも2位と一流プロたちに選ばれているという
2002/01/28

2002 PGA マーチャンダイスショー ブースのお値段は?

社」で180万ドル、「ナイキ」もほぼ同額だという。しかしこの「金額」に疑問の声があがっている。「ピン」がすでに来年の見本市から欠場することを発表しているが、キャロウェイとタイトリスト社も、この「見本市
2001/08/22

プリセプトが重要なステップを踏み出した

ナンバーワンであるタイトリストPRO V-1をはじめとするボールは性能の安定性という点では問題があるのではないかという疑問を消費者に抱いてもらうことを望んでいる。PRO V-1にはたしかに判別できる合わせ目が
2001/12/13

テーラーメイドが送り出すニューブランド「ROSA」とは

れたという。 パターではPING、オデッセイ、タイトリスト、ネバーコンプロマイズという4社が競合しているがローザを送り出すテーラーメイド社の鼻息は荒い。曰く、PINGは技術レベルは高いが仕上がりを重視