2016/01/09BMW南アフリカオープン

B.グレースらが暫定首位 2日目もサスペンデッド

首位で終えたジャコバンジル(南アフリカ)は7ホールを残して4つスコアを落とし、通算3アンダーの暫定14位に後退。大会ホストのアーニー・エルス(同)は10ホールまで終えて、通算3オーバーの暫定71位となっている。 第2ラウンドの未消化ホールは9日午前6時半(日本時間午後1時半)に再開される。
2016/06/25リオデジャネイロ五輪

アフリカNO1選手も五輪辞退 南ア代表は世界59位&101位に

・シュワルツェルは既に、ジカ熱や過密日程を考慮して辞退する考えを表明していた。 同国に与えられる代表枠は現段階で2つ。1番手に繰り上がったジャコバンジルは世界ランク59位、ブランドン・ストーンは101位の選手だ。
2015/07/05アルストム・オープン・ド・フランス

バンジルが2打差の首位で最終日へ

◇欧州男子◇アルストム・オープン・ド・フランス 3日目◇ル・ゴルフ・ナショナル(フランス)◇7331yd(パー71) 首位と1打差の4位から出たジャコバンジル(南アフリカ)が7バーディ、ノーボギー
2016/05/21ヨーロピアンツアー公式

ザKクラブで主役の座を奪い取ったウォーレン

・ハットンがつけている。 2日目「68」のリチャード・スターン、そして2日目「72」のジャコ・バンジルの南アフリカ人コンビも通算4アンダーの5位タイで週末を迎えることとなった。 その1打後方の8位タイには
2015/12/06ネッドバンクゴルフチャレンジ

レイシュマン首位 ステンソンが1打差追う

ジャコバンジルが通算10アンダーの3位、ロバート・ストレブ(米国)が通算9アンダーの4位で続いた。 アジア勢では、キラデク・アフィバーンラト、トンチャイ・ジェイディーのタイ人選手が通算5アンダーとして、8位につけている。
2016/05/20アイルランドオープンbyロリーファウンデーション

マスターズ覇者ウィレットが首位発進 マキロイ2位

。 カラム・シンクィン(イングランド)とジャコバンジル(南アフリカ)が4アンダーの3位で並ぶ。ソレン・ケルドセン(デンマーク)、マルティン・カイマー(ドイツ)ら4人が3アンダーの5位で追う展開だ。 3週連続優勝のかかるワン・ジョンフン(韓国)は3オーバーの93位と出遅れた。
2016/05/21アイルランドオープンbyロリーファウンデーション

マキロイが1打差追走 ウィレット首位を維持

3位で追走する。 マシュー・サウスゲート(イングランド)が通算5アンダーの4位。ジャコバンジル、リチャード・スターンの南アフリカ勢とティレル・ハットン(イングランド)が通算4アンダーの5位で続いた。
2011/11/19アルフレッドダンヒル選手権

J.クルーガーが首位をキープ!P.マーチンは予選落ち

バンジル(ともに南アフリカ)が続いている。 3連覇のかかったパブロ・マーチン(スペイン)は、この日も「82」の大叩きで最下位に沈み、予選通過も叶わなかった。…
2016/01/06BMW南アフリカオープン

南アフリカで2016年始動 A.サリバンが連覇狙う

・グレース、ジョージ・クッツェー、ジャコバンジル、レティーフ・グーセンらの南アフリカ勢に加え、デービッド・ハウエル(イングランド)、グレゴリー・ボーディ(フランス)、マルセル・シーム(ドイツ)らツアーの強豪が参戦する。…
2011/01/10アフリカオープン

ウーストハイゼンが3人でのプレーオフを制す!

アンダーの4位タイにも、地元出身のカール・シュワルツェルとジャコバンジル、さらにスコットランドのスティーブン・オハラの3人が並んだ。 今大会は開催国となった南アフリカ勢の活躍が目立ったが、中でも最終
2016/05/27BMW PGA選手権

Y.E.ヤンら3選手が首位 ウィレットは4位

発進。ジャコバンジル(南アフリカ)ら3選手が5アンダー5位で並んだ。 8位にはルーク・ドナルド(イングランド)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)の2選手。前年覇者のアン・ビョンフン(韓国)は「72」とし、イーブンパー54位で初日を終えた。
2016/05/10アフラシアバンク・モーリシャスオープン

舞台はインド洋に浮かぶモーリシャス 世界転戦の川村昌弘が出場

欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」が12日、モーリシャスのフォーシーズンズGCで開幕する。昨年から始まった大会はアフリカ大陸から東方へ2000キロメートル、インド洋に浮かぶ東京都ほどの小さな島国が舞台だ。 昨年大会はジョージ・クッツェー(南アフリカ)がプレーオフを制し優勝した。日本ツアー1勝の22歳、川村昌弘が出場予定。日本からはドバイ経由で約18時間のフライトを要する。旅人ゴルファーは今週も世界をまたにかける。 世界からも勢いのある若手が出場する。前週「ハッサンIIトロフィー」を制した20歳のワン・ジョンフン(韓国)は2週連続優勝を狙う。今季出場5試合で3度のトップ10の2...