2010/10/03バイキングクラシック

B.ハースが独走態勢に!

で開かれるだろう。 通算10アンダー、単独5位にはジェイソン・ボーン。続く通算9アンダー、6位タイにはジョー・デュラント、アージュンアトワル(インド)ら4人が続いている。
2011/08/17ウィンダム選手権

E.エルスは望みを繋げるか?レギュラーシーズン最終戦

大会は、最終日に追い上げを見せたデビット・トムズを1打差でかわし、アージュンアトワル(インド)がツアー初勝利を飾っている。 前週のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」で予選落ちを喫した今田竜二が
2010/07/02AT&Tナショナル

今田が2打差11位タイの好発進!タイガーは81位と出遅れ

アンダー、11位タイで初日を終えている。 首位に立っているのはジョー・オギルビー、ニック・ワトニー、アージュンアトワル(インド)、そしてここ数試合、好調なところを見せているジェイソン・デイ
2013/03/30シェル・ヒューストンオープン

石川遼は予選落ち 首位にウェットクロフト、マキロイは決勝へ

。以降は光が当たらなかった。 マンデー予選からの優勝となれば2010年に「ウィンダム選手権」を制したアージュンアトワル(インド)以来、3シーズンぶりの出来事となる。トーナメントはまだ半分を終えたばかり
2010/10/12フライズ・ドットコム・オープン

成長したR.ファウラーが昨年の雪辱を誓う!

タイのティム・クラーク(南アフリカ)、先週の大会で3位タイに食い込んだアージュンアトワル(インド)も含めた実力派たちの他、シード権を狙う選手たちがどんなゴルフを見せるかにも注目したい。また2週連続の
2010/10/11マックグラッドリークラシック

H.スローカム、B.ハースの追い上げをかわし優勝!

打差の通算13アンダーで大会を終えている。 通算12アンダー、3位タイにはロバート・アレンビー(オーストラリア)、デビット・トムズ、アージュンアトワル(インド)の3人。続く通算11アンダー、6位タイ
2009/02/10メイバンク・マレーシアオープン

片山晋呉、清田太一郎、市原弘大の日本勢に期待!

イベントで、アジアンツアーのシード権を持つ選手も多数出場する。 昨年の大会では、11位タイで最終日を迎えたアージュンアトワル(インド)が、首位でスタートしたピーター・ヘドブロム(スウェーデン)を
2018/01/13ユーラシアカップ

ペナルティも克服 池田勇太組が執念の逆転勝利

。「出入りの激しいマッチで、後半は悪い流れが来ていたけど、最高の上がり方ができて良かった」とうなずいた。 チームアジアのキャプテン、アージュンアトワル(インド)も「16番で『14番のことは忘れろ』と
2010/10/01バイキングクラシック

B.ハースら6人が首位タイに並ぶ混戦!

アージュンアトワル(インド)、また、ケン・デューク、ブレッド・クイグリーは勢いのある豪快なゴルフを魅せた。 その首位グループを追う5アンダーの7位タイにもジェフ・クイニーら4人、さらに1打差の11位タイ
2010/08/20ウィンダム選手権

今田竜二、82位タイスタート!単独首位にはA.アトワル!

米国PGAツアーの第33戦「ウィンダム選手権」が、ノースカロライナ州のセッジフィールドCCで開幕。インドのアルジュン・アトワルが9アンダーで単独首位に立っている。 PGAのレギュラーシーズンは最終戦
2005/11/18WGCワールドカップ

日本チームは8位タイ!首位はイングランドチームが奪取

ホールアウト。後続に1打差をつけて堂々のトップに躍り出ている。 さらに、2位タイにはジョディ・ランダワ、アージュンアトワルがコンビを組むインドと、マーク・ヘンズビー、ピーター・ロナード組のオーストラリア
2005/11/18WGCワールドカップ

日本チームは8位タイ!首位はイングランドチームが奪取

ホールアウト。後続に1打差をつけて堂々のトップに躍り出ている。 さらに、2位タイにはジョディ・ランダワ、アージュンアトワルがコンビを組むインドと、マーク・ヘンズビー、ピーター・ロナード組のオーストラリア
2015/02/20ヒーローインディアンオープン

連覇かかるラーマンら5人が首位 川村昌弘は大きく出遅れ

ボードトップに名前を並べる好スタートを切った。 自身が保持する最年長優勝の記録更新が続くミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)は、1アンダー23位とまずまずの滑り出し。インド勢の有力選手では、アージュン
2003/01/24

欧州ツアー「シンガポールマスターズ」初日

昨年はアージュンアトワルがインド出身プロとして初めて欧州ツアー優勝を果たした「シンガポールマスターズ』。この試合には、米ツアー開幕から2連勝を飾ったアーニー・エルスが参戦している。 相変わらず好調
2006/01/04

欧州 VS アジア・日本連合 新たな歴史が始まる

・フェリー、ヘンリック・ステンソン、グラム・マクドウェル。 アジア・日本チームは深堀圭一郎、今野康晴、S.K.ホ(韓国)、タウォーン・ウィラチャン、トンチャイ・ジャイディー、張連偉、アージュンアトワル
2003/04/26カナリアオープン・デ・エスパーニャ

地元の意地!? J.M.オラサバルが好位置をキープ!

で2日目を終えた。なおタイ記録は、「ジョニーウォーカークラシック」でE.エルス、「カールズバーグ・マレーシアオープン」でA.アトワルが達成している。 P.ケーシーは25歳と若手ながらツアーで2勝を挙げ