2020/02/14TECドリル

フェースクローズに重要な左ひじの回旋

なり、ひっかけのミスが出てしまいます。フォローポジション(左腕が地面と平行な位置)で、親指の向きを基準に、地面に対して直角か45度くらいまでの回旋を心がけてみましょう。 ♪左腕の改善(カイゼン)、に必要
2019/08/28女子プロレスキュー!

ユーティリティで引っかけるのはなぜ? 野田すみれ

「ユーティリティでの“脱引っかけ”」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーHさんの悩み】 「ユーティリティ(以下UT)でいつも引っかけのミスが出てしまいます…。その理由と対処法を教えてください」 【野田すみれのレスキュー回答】 ドライバーやフェアウェイウッドよ…
2019/04/18サイエンスフィット レッスン

あなたはどっち?2つのアームローテーション法(前編)

引っ掛けが出て、タイミングを合わせるのがとても難しくなります。まずは、左腕がしっかり内旋できているか確かめることが必要です。 「ダウンスイングでクラブが寝てしまわないように試行錯誤していますが、ドライバー
2019/03/28サイエンスフィット レッスン

プロを目指すためのスイング調整法(スイングレベル5 後編)

「スイングレベル5」では腕の回旋や骨盤の動き、コックなどの動作の推移をモーションセンサーで測りながら、スイングの微調整を行っていきます。特に左腕の回旋と骨盤の前後の動きは、弾道を安定させるためにも重視するところです。プロを目指すレベルでは、より高いボールコン…
2018/05/06女子プロレスキュー!

もうアイアンで引っかけない! 岡村優

「アイアンの引っかけ対策」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーLさんの悩み】 「アイアンで曲げたくないと思った時ほど、引っかけのミスが出てしまいます。プロが引っかけを警戒する際のポイントを教えてください」 【岡村優のレスキュー回答】 引っかけの主な原因は、ま…
2018/03/15サイエンスフィット レッスン

スライサーなら絶対に改善したい2大ポイント【前編】

ようなテークバックに改善すると、今度は、左にまっすぐ飛んでいくようになるので、引っ掛けてしまった感じになるでしょう。しかし、これは強く被せてフックグリップで握っていることによるものです。少しずつ
2016/12/15サイエンスフィット レッスン

100をコンスタントに切るためのスイング改善【2】

第一歩が、テークバックでフェースを開かせないように管理することでした。その結果、ボールは左に真っ直ぐ飛んでいくようになります。本人の感覚としては、引っ掛けてしまった印象ですが、それは違います
2016/11/17サイエンスフィット レッスン

100をコンスタントに切るためのスイング改善【1】

しょっちゅう出ます。一方、ショートアイアンは左に引っ掛けたりして、方向性が定まらないですね。腕がピーンと伸びたフォローに憧れていますが、どうしても左肘が引けてしまいます。また、トップで左手首が甲側に折れる癖が
2016/09/28女子プロレスキュー!

“ワンオンさせるなら絶対ハーフスイング♪” 中山三奈

グリーンを意識して目線が低くなりがち。目線が低くなると、体の軸が目標方向に倒れやすくなります。こうなると、体が突っ込んだり、かぶったりして、引っ掛けやスライスのミスにつながります。 “成功イメージ”を
2016/09/22サイエンスフィット レッスン

腕と腰の正しい連動を一発で体感!

出ることもあります。コースでは右を嫌って強く返そうとすると、引っ掛けが出るのでしょうね。注目したいのは、インパクトの瞬間のフェース向きのバラつき。データによると向きが安定せず、開いたり閉じたりしてい
2016/08/18サイエンスフィット レッスン

クラブは上げるのではなく“下げる”!?

に陥りがちです。インサイドアウト軌道がきつくなり、右プッシュアウトと引っ掛けが交互に出るようになります。今回は、不安定なショットに悩む方が登場。クラブを“下げる”意識で、お悩みをスッキリ解消いたします
2016/07/11今さら聞けないスイングの基礎

弾道の仕組みを知れば自分のスイングが分析できる ~第10回~

返そうとすると、左に大きく曲がる“引っ掛け”“チーピン”も出ます。 体の回転=体重移動 体の回転と体重移動(右脚の蹴る力)のバランスが良い場合には、スイング軌道がストレートになります。スイングトップで
2016/06/20今さら聞けないスイングの基礎

スイングでは背骨と右脚、2つの軸を意識しよう!

押し出したり、強く引っ掛けたりと不安定になりがちです。 それなら、もっと背骨の軸を倒して、スイング軌道がターゲットラインに沿うようにすれば良いかと思うかもしれません。しかしこの場合、アップライトが過剰な
2016/06/15今さら聞けないスイングの基礎

NGなグリップがなんと8割!アマチュアのグリップ調査白書

多く、ボールをダウンブローで打ち込むような意識が強い人に多く見られる形。フェースが過度に閉じた形になり、強く引っ掛けたり、ざっくりしたりするミスが多く、バンカーショットやアプローチなども苦手になる
2016/05/30今さら聞けないスイングの基礎

ボールの位置で弾道は変えられる ~第4回~

。 例として、絶好のセカンド地点からの引っ掛けた(ボールがつかまり過ぎて左に曲がる)経験はありませんか?ボールが近すぎていなかったか反省してみてください。ティショットで、チーピン(左に強く曲がる)が出る
2016/04/21サイエンスフィット レッスン

左手に対して一定のシャットで握る方法

、ドライバーが安定せず、スライスや右プッシュ、引っ掛けなど、左右に散ってしまいがちなのが悩みです。フェースを返すのが遅いと指摘する人もいれば、フェースは返さなくて良いという人もいて、どうすれば良いのか
2016/04/06女子プロレスキュー!

“絶対引っかけ防止、これだけは…!” 中井美有

引っかけの原因を突き止めろ! 【アマチュアゴルファーの悩み】 「フェアウェイが広いシチュエーションなど、『飛ばしたい!』と思うほど引っかけが出ます。左にミスせず飛ばせるコツを教えてください」 ドロー系のボールが持ち球の私も、「このホールは飛ばしたい!」と思うと…
2016/03/17サイエンスフィット レッスン

一度身につけばずっと忘れない腰の切り方

のに、スライスしたり、引っ掛けたりする人は、腰の回転が悪いのです。腰の正しい回転は、すぐにマスターできる人もいれば、覚えるのに時間がかかる人もいます。しかし、一度しっかりと身につけば、一生忘れない