ニュース

米国男子ギン・シュールメールクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

初日は日没サスペンデッド!日本勢、好スタート!

米国男子ツアー第42戦「ギン・シュールメールクラシック」が、フロリダ州にあるテソロクラブで開幕。新規イベント「フォールシリーズ」第6戦となっている今大会の初日、ボブ・エステスと、トミー・アーマーⅢが暫定首位に並んでいる。

今年から始まった今大会、初日はシード権を確実にしたいプレイヤーの躍進が目立った。まず、賞金ランク118位のエステスは、後半、驚異の6連続バーディをマークし、9アンダー。一気に首位に立った。そして、同113位のアーマーⅢは、前後半安定した内容でキッチリとスコアを伸ばし、同じく9アンダー。来季シード権と初代チャンピオンを手にすべく、好スタートを切った。

<< 下に続く >>

首位から3打差の暫定3位タイには、クレイグ・カネダとダニエル・チョプラ(スウェーデン)。特に、カネダはランキング127位とあと一歩のところまで来ていることもあり、何とか最終日まで走り切りたいところだ。

さらに1打差の5アンダー、暫定5位タイには、2度の連続バーディをマークした今田竜二、優勝候補の一角、スティーブ・フレッシュが名を連ねている。残り2戦にシード権獲得を賭ける丸山茂樹は、4アンダー、暫定12位タイ、丸山大輔は16ホール終了時点で、1アンダー、暫定45位タイにつけている。初日はまずまずのスタートを切っているだけに、今後の日本勢のゴルフに注目が集まる。また、初代チャンピオンの有力候補、マーク・カルカベッキアは「78」の大叩き、124位タイでホールアウト。優勝どころか、予選落ちの危機に陥っている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ギン・シュールメールクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!