ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 バラクーダ選手権
期間:08/05〜08/08 場所:タホマウンテンC(カリフォルニア州)

シェンクが単独首位で最終日へ 小平智は49位

◇米国男子◇バラクーダ選手権 3日目(7日)◇タホマウンテンクラブ(カリフォルニア州)◇7425yd(パー71)

年間唯一の「ステーブルフォード方式」の4日間大会は、ツアー初勝利を狙うアダム・シェンクが最終日を前にポイントを38ptに積み上げて単独首位に立った。

<< 下に続く >>

1つのイーグルにつき5pt、バーディは2ptとなる現行のフォーマットになった2012年以降、大会の最高記録は14年にジェフ・オギルビー(オーストラリア)が記録した49pt。

エリック・ファンローエン(南アフリカ)とアンドリュー・パットナムが34ptでトップと4pt差の2位につけた。ジョエル・ダーメンスコット・ピアシーが33ptの4位。首位で3日目を迎えたエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)は31ptの6位に後退した。

54位で予選を通過した小平智は2日連続で3バーディ、ボギーなし。この日も上積みは6ptで、通算17ptの49位とした。

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バラクーダ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!