ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/25〜07/28 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

M.フィッツパトリック首位 今平3打差6位 松山は13位に後退

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 2日目(26日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7237yd(パー70)

首位と5打差の13位から出たマシュー・フィッツパトリック(イングランド)が、4連続を含む7バーディ(1ボギー)を奪い「64」をマーク、通算9アンダーとし、単独首位に浮上した。M.パトリックは欧州ツアー5勝で米ツアー未勝利の24歳。

前日首位のジョン・ラーム(スペイン)は「71」で回り、パトリック・カントレービリー・ホーシェルキャメロン・スミス(オーストラリア)と並び、通算7アンダー2位で続いた。

3打差2位から出た今平周吾が3バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算6アンダーで単独6位。同じく2位から出た松山英樹は2バーディ、3ボギーの「71」とスコアを落とし、通算4アンダー13位に後退した。

ほかの日本勢は市原弘大が通算1オーバー36位と順位を上げ、堀川未来夢は通算12オーバー61位に後退した。大会は予選落ちなしで争われる。

<上位の主な成績>
1/-9/M.フィッツパトリック
2T/-7/J.ラームP.カントレーC.スミスB.ホーシェル
6/-6/今平周吾
7/-5/A.ノレンW.シンプソンI.ポールターJ.ローズB.ケプカB.ワトソン
13/-4/松山英樹K.ナH.ステンソンR.マキロイN.ラシェリー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!