ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

崔京周が首位を快走! 日本勢は5人が予選突破

ハワイ州ワイアラエCCで開催されている2008年の米国男子ツアー開幕第2戦「ソニーオープンinハワイ」の2日目。崔京周(韓国)が単独首位の座をキープしている。

首位で2日目を迎えた崔京周。インスタートの前半は2バーディ、ノーボギーでまとめ、着実にスコアを伸ばす。アウトの後半は2番でボギーを叩いたものの、上がり3ホールで3連続バーディを決めて通算11アンダー。明日へ勢いをつける理想的な締めくくりで、後続との差を2打差に広げている。

14位タイスタートのケビン・ナは、前半上がり3ホールで3連続バーディを奪うと、後半も連続バーディを決めるなどして、この日のベストスコアタイ「64」をマーク。通算9アンダーの単独2位に浮上し、首位を追っている。

2位タイスタートのスティーブ・マリノは通算8アンダーまでスコアを伸ばしたが、順位は一歩後退して単独3位。フレッド・ファンクは1イーグル4バーディ、ノーボギーという見事な内容で通算7アンダー。53位タイから一気に4位タイまで順位を上げている。

注目の日本勢は、好スタートを切った立山光広がラスト2ホールで連続ボギーを叩いてしまい、スコアを伸ばせず通算4アンダー。初日に続いて「68」でラウンドした丸山茂樹とともに、20位タイとしている。丸山大輔宮里優作はともにスコアを1つ伸ばし、通算3アンダーの32位タイ。宮里聖志は通算1アンダーの59位タイと、カットラインギリギリで予選通過を果たした。今田竜二深堀圭一郎は1打及ばず予選落ち、横尾要も初日の出遅れが響き、予選通過を果たせなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。