ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ビュイックインビテーショナル
期間:01/24〜01/27 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

タイガー、圧勝で大会4連覇! 今田竜二は2位に食い込む!

カリフォルニア州のトーレパインズGCで開催されている、米国男子ツアー第4戦「ビュイックインビテーショナル」の最終日。タイガー・ウッズが後続に8打差をつける圧勝で、大会4連覇を達成している。

2位に8打さをつけて最終日を迎え、あとはどこまでスコアを伸ばすか注目されたタイガー。多くの選手がスコアメイクに苦しむ中、スタートホールのバーディを皮切りに13番まで4バーディ1ボギーでラウンド。14番からは3連続ボギーとしたものの、最終18番は見事にバーディフィニッシュで通算19アンダー。大会4連覇に自ら花を添える役者ぶりを見せつけ、大会を締めくくった。これで米ツアー通算62勝目を達成し、アーノルド・パーマーに肩を並べる歴代4位タイに浮上した。

8位タイからスタートした今田竜二は、果敢に攻めのゴルフを展開。4ボギーを叩くものの、タイガーを大きく上回る9バーディを奪取。この日のベストスコアタイとなる「67」をマークして通算11アンダー。タイガーとの差は大きく開きながらも、見事に単独2位でフィニッシュしている。

通算9アンダーで3位タイに並んだのは、最終ホールでイーグルを決め、今田と同じくベストスコアをマークしたロリー・サバティーニ(南アフリカ)と、1つスコアを落としたスチュアート・シンク。丸山茂樹は、最終日もスコアを落として通算2オーバー。37位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。