ニュース

米国男子マルコーニ ペンシルバニアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフ男が逃げ切り優勝を果たした

2001/09/24 09:00


米国男子ツアー「マルコーニ ペンシルバニアクラシック」の最終日は、予選ラウンドの雨はすっかり回復し、好天に恵まれた。そして、サードラウンドの残りも早い時間に消化し、予定通りのスケジュール進行となった。

スコアの上でも予定通り事を運んだのが、オーストラリアのR.アレンビーだった。午前中に行われた前日分の残り3ホールでスコアを1つ伸ばし、2位に3打差のリードを奪い最終ラウンドに入った。そして、6バーディ、2ボギーの68で回り、通算19アンダーで逃げ切り優勝を果たした。

アレンビーにとってツアー4勝目となったが、プレーオフ以外の勝利はこれが初めて。今シーズンも2月に行われたニッサンオープンで、日本の伊沢利光を含めた6人でのプレーオフに勝っている。

この最終日に上位陣が揃って4アンダーを記録する中、ベテランのL.マイズが7ストローク伸ばし2位タイにくいこんだ。17番パー3でボギーを叩いてしまったが、8バーディを奪う猛チャージにギャラリーからの声援もひときわ大きかった。

日本の丸山茂樹は、この日もボギーを3つ叩くなど安定感が足りない感じがした。それでも4つのバーディを奪いスコアは4アンダーまで伸ばした。順位は3日目と変わらず33位でのフィニッシュとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 マルコーニ ペンシルバニアクラシック




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。