ニュース

米国男子ビュイックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ビュイックオープン
期間:08/09〜08/12 場所:ウォーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)

K.ペリーが8つ伸ばして混戦を抜け出した

米国男子ツアー「ビュイック オープン」の2日目。初日首位タイのJ.フューリックがスコアを2つ伸ばし11アンダーにしたが、2位グループに吸収された。この日最もスコアを伸ばしたのは、初日6アンダーの4位グループにいたK.ペリーだった。

1番ホールからスタートしたペリーは3番ホールまで3連続バーディの好スタートを切ると、前半9ホールを4、6番以外全てバーディ、29というスコアをたたき出した。後半にもバーディを2つ奪いどこまでスコアが伸びるかと思ったが、最終18番でボギーを叩きこの日64でのラウンドとなった。通算14アンダー、2位に3打差をつける単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

また、ペリーの快進撃に影をひそめているが、4アンダーの22位からスタートしたB.クイグリー、B.ツエーも7アンダー65をマークしている。フューリックの11アンダーに並び2位に浮上し先頭を走るペリーを3打差で追いかけている。

日本勢では今井克宗が3バーディ、1ボギーでスコアを2つ伸ばし5アンダーで予選を突破した。最終ホールのボギーは惜しいことをしたが、初挑戦で決勝に残った今井の実力は本モノといえるだろう。

尾崎直道はスコアを1つ伸ばしたが、残念ながら1打足りず予選を通過できず、谷口徹もスコアを崩し予選落ちとなった。この2人には次週の全米プロが控えているため、気持ちを切り替えて次週に備えてもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ビュイックオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!