ニュース

米国男子グレーター グリーンズボロ クライスラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

S.ホークが逃げ切って4年ぶりにツアー9勝目を飾った。

2001/04/30 09:00


ノースカロライナ州フォレストオーク・カントリークラブで行われている「グレーター・グリーンズボロ・クライスラー・クラシック」の最終日。3日目に65を出し5位タイで最終日を迎えた横尾要は、初日、3日目と同じく1、2番ホールでバーディを奪い13アンダーまでスコアを伸ばし一気に優勝争いに絡むかと思われた。しかし、その後はバーディを取っては直後にボギーを叩きスコアを伸ばすことができなかった。

優勝は唯一4日間60台をマークしたS.ホーク。3日目にトップに立ったホークは最終日には少ないチャンスで確実にバーディを奪い17アンダーまでスコアを伸ばした。最終ホールこそボギーとしたが、2位に1打差で1997年のミルウォーキーオープン以来のツアー9勝目を飾った。

S.ホークは招待選手として日本でも3勝を挙げているが、この大会では日本ツアー出身選手の活躍が目立った。12アンダーで9位タイの横尾要もその一人だが、最終日に5つスコアを伸ばして13アンダーで4位タイに入った崔京周。11アンダーで12位に入ったB.ワッツも日本で数多くのタイトルを獲得している。彼らの活躍で日本ツアーのレベルも米ツアーに近づきつつあることを証明してくれる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 グレーター グリーンズボロ クライスラークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。